ウェブは“空間”を資源化する〜ソーシャル時代の情報空間論/鈴木謙介

ウェブとリアルとの間における、ヒト・モノ・カネ・データの交通が激しくなっている。O2O、オムニチャネル、IoT……、キーワードは無数にあり、ウェブとリアルの融合は進む。では、リアル空間がウェブ情報と切り離せなくなったとき、それぞれをどの視点から評価すればよいのか? 記事を読む »

任天堂はなぜ勝者となりえたのか/サイトウ・アキヒロ

結果としてプラットフォーマーになれなくとも、その革新性と進化によって、消費者以上に業界内に多大な影響を与えつづける企業ソニー。その蹉跌のなかに、日本企業の可能性が垣間見えてくる。新しいルールを生むのはソニーのようなチャレンジ精神のある企業だけだ 記事を読む »

人間は知能を人工化することができるのか?〜想像と思考を拒絶する人工知能 その1

人工知能をめぐる議論は各分野に波及するものである。それは、人間とはなにか、知能とはなにかをめぐる問題設定にほかならないからだ。人工知能が人間をかけて離れていく可能性を探る。 記事を読む »

日本人はロボットアニメにどんな夢と欲望を託したのか〜アニメが描いた日本の現在と未来①

稲田豊史(構成:3rd.mobi編集部) 日本人の無意識のなかにあるロボット観をアニメのなかから探る。アニメ作品に現れたロボットたちは、まだ見ぬ未来への想像を通して社会背景を照らしつづけてきた。『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎)著者の特別連載・第1回。 記事を読む »

 

カブク、ティアフォーが開発する物流用AIモビリティ「Logiee(ロージー)」をデザインとオンデマンド製造サービスにて包括的に支援

株式会社カブク(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲田 雅彦、以下カブク)は、株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:武田 一哉、以下ティアフォー)が発表した、物流用AIモビリティ「Logiee(ロージー)」のデザイン・製造を包括的にサポートしました。「Logiee」は、小型ベース車両を共通とし、上部の機能部品を取り換えることで、近距離の輸送、配達、販売、買い物等、多種多様な物流用途に対応可能な完全自動運転モビリティです。また、1月17日(水)から19日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第10回 オートモーティブ ワールド」にて展示される予定です。

スマホで開錠できるIoT案内鍵ツール「スマサポキーボックス」が不動産業務を自動化する「Cloud ChintAI」と連携 スマサポとイタンジ、テクノロジーによる不動産仲介業務の更なる効率化を実現

株式会社宅都ホールディングス傘下の株式会社スマサポ(本社:東京都豊島区/代表取締役:小田 慎三、以下「スマサポ」)は、イタンジ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役CEO:伊藤 嘉盛、以下「イタンジ」)と協業のもと、スマホで開錠できる不動産内覧のためのIoT鍵ツール「スマサポキーボックス」と、物件の検索から内見、申込、審査受付までの一連の賃貸不動産取引業務を一元管理し、仲介会社と管理会社間のやり取りの自動化を実現するための、賃貸不動産事業者用のシステム「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」を連携させました。

スマホと住まいがつながる。毎日の暮らしを快適にするIoTサービスROBOTTA(ロボッタ)を開発

クラスコテクノロジー(以下、クラスコ)は、IoTサービス「ROBOTTA(ロボッタ)」を開発しており、2018年春に商品化予定であることをご報告いたします。

MacBookの充電にも対応。30WのUSB PD出力搭載。Tronsmart Brio 20100mAh新登場 ポータブルでもノートPCを充電。LG製のリチウムイオンセル・サイプレス製USBチップを搭載した30W・USB PD対応バッテリー

「Tronsmart(トロンスマート)」は、米国・欧州など全世界でモバイルバッテリーやUSBチャージャー、Bluetoot関連機器などのスマートフォン・タブレット周辺機器を低価格で展開するブランドです。Tronsmartは最大30WのUSB PD入出力に対応したモバイルバッテリー「Tronsmart Brio 200100」を販売開始いたします。販売開始価格は5,999円です。本製品の発売を記念し、15%オフとなる特別クーポンを期間限定で公開いたします。なお、メディアの皆様向けに製品のサンプルも提供いたします。(記事下部参照)

トランスコスモス、「DECAds Connect Edition」の「Amazon Alexa」への対応を開始 お客様企業の既存デジタルサービスやAI/botサービスを、簡単に短期間で スマートスピーカーに対応

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に、コミュニケーション管理プラットフォーム「DECAds Connect Edition」を対応させました。音声で操作でき、常にハンズフリーで利用できるスピーカー「Amazon Echo」などのAlexa対応デバイスに、お客様企業独自のサービス(情報)やAI / botによるチャットサービスを簡単に短期間で対応させることが可能です。

Matrix 革命的なAI技術とブロックチェーン協調による仮想通貨 Matrix AI ネットワークについての包括的概要

Matrixとは、新世代型ブロック チェーンです。Matrixは、分散化されたブロックチェーン3.0であり、現代における問題の多くを解決するためのプログラム であるとされています。

多言語小型AIロボット「ZUKKU(ズック)」を提供するハタプロ、台湾政府資本のIoTモビリティ企業「Y5Bus」と独占契約を締結 〜バス移動の無料高速WiFiを無制限提供、IoTモビリティ化されたバスと「ZUKKU(ズック)」の配置された実店舗のデータ連携で街全体をIoT化へ〜

株式会社ハタプロ(本社:東京都港区、代表取締役:伊澤諒太、以下ハタプロ)は、台湾の政府系企業で、WiFiプラットフォームアプリを提供する「Y5Bus」と独占契約を結び、日本の都市部や地方自治体でのIoTタウン化の促進、インバウンド向けのソリューションを提供します。

Matrix 革命的なAI技術とブロックチェーン協調による仮想通貨 1月16日よりICO実施 Matrix AI ネットワークについての包括的概要

Matrixとは、新世代型ブロック チェーンです。Matrixは、分散化されたブロックチェーン3.0であり、現代における問題の多くを解決するためのプログラム であるとされています。

アプリでかんたんIoT民泊運用「TATERU bnb」 民泊物件の購入からIoT⺠泊運用管理までできる ワンストップサービス開始

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社iVacation(代表取締役:大城崇聡)は、2017年12月14日に公表したとおり、本日2017年12月18日付で「株式会社TATERU bnb(タテルビーアンドビー)」(以下TATERU bnb社)へ社名を変更いたしました。また、アプリでかんたんIoT民泊運用「TATERU bnb」としてサービスを開始いたしますのでお知らせします。

コマツとNVIDIA、建設現場におけるAIの導入で協業 建設現場の安全と生産性の向上を目指す

東京—GTC Japan—(2017 年 12 月 13 日)—NVIDIA と、世界の大手建設・鉱山機械メーカーであるコマツ(株式会社小松製作所)は本日、AIを導入することで、建設現場の安全と生産性を高めていくパートナーとして協業していくことを発表しました。