ITproのための「ももクロ論」補論②

Pocket
LINEで送る

著 桐原 永叔(IT批評 編集長)

第1回は、AKB48とももいろクローバーZを、戦略性の違いから読み解きはじめた。第2回はより大胆に、ITアーキテクチャの類型にそって、AKB48とももいろクローバーZを比較してみる。以前から言及されてきたようにAKB48をオープン型のアーキテクチャとしてみたとき、ももいろクローバーZにアーキテクチャと呼べるものがあるのか? 現在までの活動を読み解きながら、両グループをみていく。

第2話 ももいろクローバーZにアーキテクチャはあるのか? AKB48のもつ戦略的な構造から読み解く

『ももクロ論』では、AKBとももクロについて、それぞれのグループの構造やコンテンツ生産の構造をアーキテクチャの観点で粗描した。AKBとももクロを、製品アーキテクチャの分類に従って、モジュラー型/インテグラル型、オープン型/クローズ型に分けてみたのだ。

モジュラー型はパソコンなどの製品にみられる構造で自律的なモジュールを組み合わせることから「組み合わせ型」とも呼ばれるものだ。パソコンのようにCPU、メモリ、HDD、ディスプレイなどそれぞれ別の企業で製造された部品が独立しながら、あるルールを順守することで全体を構成(疎結合)している製品を指す。

モジュラー型のAKBとインテグラル型のももクロ

ここまでの議論でもおわかりのように、AKBのアーキテクチャはモジュラー型の特徴を多く備えている。AKBはバラバラの芸能事務所に所属するタレントを、一定のシステムのもとへ構成させ、「劇場公演」「握手会」といった、さまざまなイベントを標準化されたインターフェイスとして結合している。

このシステムの強みは、メンバー間の依存度がさほど高くなくメンバーの入れ替えに自由度があり、選抜総選挙などの結果によってさまざまにグループの構成やサブグループ、ユニットを頻繁に作り替えることができることだ。

現在、社会インフラに関わるような大規模システムでさえモジュラー型アーキテクチャへ移行しつつあることもみても、可変性と拡張性にすぐれたモジュラー型は時代の速度に対応できるものだ。その意味で、短命だった女性アイドルの分野で、AKBがその能力をいかほど発揮するかは気になるところだ。

AKBをモジュラー型とすれば、一方のももクロはインテグラル型といってよい構造をもっている。2011年4月の早見あかりの脱退を受けて、それまでの「ももいろクローバー」という名称に最終型を意味するであろう“Z”を付し、グループメンバーの可変と拡張を明確に否定している。

このようにメンバーを固定して、お互いのキャラや役割分担や関係性を最適化して調整していく構成を、AKBのモジュラー型に対してインテグラル型ということができるだろう。「擦り合わせ型」とも呼ばれるインテグラル型アーキテクチャは、たとえば自動車のように部分と全体が密接に関係する構成(密結合)であり、各部品の調整も難しくコストもかかる。

モジュラー型と比べて完成までには時間がかかるものの、ひとたびうまく機能しはじめるや、全体の完成度はモジュラー型よりも高くなる。メンバー間の関係も依存度を増すが、それが互いのスキルを引き出しながら全体を最適化していくことになる。『ももクロ論』で、わたしはももクロを時速300キロで走行する軽自動車とたとえ、部品(メンバー)同士が少しでも噛み合なければ待っているのは大破だとすれば、その関係を最適なものにするのが最優先されると述べた。

両グループのアーキテクチャの違いは、それぞれのファンの在り方を見てもわかりやすい。AKBのファンにはそれぞれ「推しメン」があり、場合によっては他のメンバーのアンチにすらなりえるが、それがグループの活動の支障にならないのは、各メンバーの独立性を保つアーキテクチャに依るところが大きいからだ。

それに比して、「モノノフ」と言われる、ももクロのファンに、個別メンバーではなくグループ全体を推す「箱推し」が目立つのも、グループの総合力に発揮されるアーキテクチャの特性によるものでないかと考えられる。そして、このインテグラルな構造はライブ・パフォーマンスにこそ強く発揮されるものだ。

オープン型のAKBとクローズド型のももクロ

AKBグループの総合プロデューサーである秋元康氏はAKBのシステムについて2011年12月15日の朝日新聞で、「AKB48は巨大資本の専門職がつくったウィンドウズではなく、ユーザーが任意に参加し拡張するリナックスである」と述べた。

アーキテクチャの分類では、オープン型はリナックスのように不特定多数と仕様を共有するもの、クローズド型は特殊な仕様のために共有が困難なものを指す。先に見たモジュラー型はオープン型と、インテグラル型はクローズド型と相性がいいのは想像しやすいことではないだろうか。

そうした比較でみれば、秋元氏のいうようにAKBグループがモジュラー・オープン型アーキテクチャの特徴をもっているのは同意してもらえるだろう。

ももクロは、クローズド型の特徴に相対させた方が論じやすい。メンバーがインタビューなどで答えているように、メンバーに対してさえスケジュールはギリギリまで知らされない。大きなイベントのセットリストでさえ数週間前に知らせられ、メンバーの驚き困惑する姿はファンには見慣れた光景である。さらには、ライブ中に次のイベント会場や日時をメンバーに知らせるといった演出が慣例になっていることを踏まえても、ももクロの運営は、どこか密室的なものとして演出されている。

ももクロのUstream番組などで、時折、マネージャーの川上アキラ氏やメンバーが、“大人の事情”として秘匿しておくべきタイアップ・コンテンツの内容や参加イベントについて、つい口走ってしまい慌てて訂正するといったことがある。これを指してクローズ型だと言いたいわけではないが、どこかで隠されたものが進行していることを結果的にファンに意識させているのは付言しておきたい。(AKBにも同様に“大人の事情”は十分にあり、それは隠されているが、ファンの意識にのぼるのは稀だ。それ以上に、オープンにされた仕様に注目がいくからだろう。)

Pocket
LINEで送る

1 2