ITproのための「ももクロ論」補論①

Pocket
LINEで送る

著 桐原 永叔(IT批評 編集長)

ITサービスとの親和によって、その人気の秘密を分析されてきたAKB48。ももいろクローバーZには、そうした言説は少なく、むしろサブカル批評によって、その魅力を分析されてきた。ロングテール的と評されたAKB48と、旧来の希少性の経済で語られるももクロの違いを概観する。AKB48はなぜITサービスとの親和を語れるのか? ももクロはなぜそうした議論に加わることがないのか? ヒント探しの入口となる第1回。

第1話  安易な読み解きを拒絶するももいろクローバーZ人気はなにを示しているのか?

昨年、上梓した『ももクロ論—水着と棘のコントラディクション』(実業之日本社/共著・清家竜介)で、わたしは、ももいろクローバーZ(以下、ももクロ)とAKB48(以下、AKB)を比較するために、ITビジネスの観点から読み解くことにページを割いた。

そうした理由は、わたし自身が『IT批評』(眞人堂)という刊行物の編集長であることより、むしろAKBグループの運営当事者や「AKB言論」ともいうべきものの論者たちが、くりかえしAKBとITサービスとの親和性を述べていたことにある。

AKBグループの人気を解説するために持ち寄られたタームは、「ロングテール」「オープンソース」「ゲーミフィケーション」といったように、ここ数年にあいだに注目を浴びたIT関連のそれだった。

消費者の潜在的なニーズに訴えるももクロ

拙著が刊行された矢先、ももクロが日経BP社主催の「ITpro EXPO 2013」に出演した。「AKBでなく、なぜ、ももクロなのか?」と思ったのは、ITビジネスのトレンドから説明しやすいAKB人気に比べ、ももクロ人気はそういう説明を受けつけない部分が多くあるように考えていたからだ。『ももクロ論』には、説明困難な魅力を分析するというテーマがあったからでもある。

とはいっても、ももクロ人気は、IT分野をふくめ最新のマーケティングでは未だ発見されていない消費者の潜在的なニーズに訴えるものがあったことは間違いない。AKBグループが、ITサービスが発見した成果をショービジネスの市場で実現して成功したのだとすれば、ももクロには、現在のITサービスの議論から漏れているものが多分にあると考えてもいいはずだ。

AKBにあるものがITサービスのトレンドと一致としていればいるほど、この2グループの比較によってAKBにはない、ももクロの魅力のなかに、まだ言語化、可視化されきっていない現在の消費者に潜在する欲求を読み解くことができるのではないだろうか。

本稿でも、この2グループを比較しながら論を進めていくことになる。『ももクロ論』の第2部で、すでに述べたことを補強しながら、ITサービスのこれからのヒントを探っていくことになるだろう。

Pocket
LINEで送る

1 2