大型家電量販店のライバルはスマートフォン〜リアル店舗vs.ネット通販の仁義なき戦い

Pocket
LINEで送る

三浦一紀

 現在、大型家電店の売上が伸び悩んでいる。この最大の要因には、ネット通販の進化が関わっている。もはや、家電は店舗で買うものではなく、インターネットで買うのが常識。価格競争だけではない、家電販売の実情とは?

通販サイトのリアルへの侵略

駅前や国道沿いなどに出店している大型家電店。豊富な品揃えと、大量仕入れによる大幅な値引きにより、売上を伸ばしてきた。しかし、最近では売上が伸び悩んでいるという。この原因はなんだろうか。

そのひとつが、ネット通販の普及だ。アマゾンや楽天といった大型通販サイトは、価格が安いうえ、送料が無料の場合が多い。そして、注文後翌日配送が基本。オプションで即日配送が可能な場合もある。つまり、実際に店舗に足を運ばなくても、朝注文したものが夕方には自宅や会社に届くのだ。

また、インターネット上にある価格比較サイトの存在も見逃せない。価格比較サイトは、商品の価格を複数のネット通販ショップで比較。最安値のところが一目でわかるため人気となっている。

実際、品物のチェックを大型家電店で行い、注文は家に帰ってきてからインターネットで、という買い方をしている人も多いことだろう。筆者もやったことがある。ときには、自宅で調べておいたネット通販最安値の価格を店員に提示し価格交渉を行い、店頭で購入する場合もあった。

しかし、ここ最近ではさらに購入方法に変化が見られる。それは、「店頭で商品チェック→スマートフォンで価格チェック→注文」という流れになってきているのだ。これには、スマートフォンの普及が関係している。インプレスR&Dによると、2012年11月の時点で、スマートフォンの所有率は約4割となっている(ソース http://www.impressrd.jp/news/121120/kwp2013)。携帯電話に比べ、ウェブページの閲覧がしやすいスマートフォン。事前に自宅のパソコンで商品の価格をチェックするまでもなく、店頭でその場で価格チェックし、注文できる。これでは、大型家電店は立つ瀬がない。

通販サイトのための商品展示スペース化?

数年前までは、大型家電店にインターネットで調べた最安値をつきつけて価格交渉をしても、とりあってくれないことが多かった。実際、インターネットの最安値は時間限定であったり台数限定であったり、何か特別な理由がついているものが多かったためだ。だが、最近では通販サイトの価格値下げ率が恒常化しており、実店舗よりも安いのが当たり前になってきている状態。価格交渉をする手間を考えたら、その場でネット注文をしてしまったほうが効率的といえる。

こうなると、大型家電店はただの通販サイトのための商品展示スペースになってしまったといってもいいだろう。このような動きは「ショールーミング」と呼ばれる。特にデジタル関連製品の場合は、どこで購入しても基本的に品物の性能や状態は一緒。どこで購入しても同じものが手に入るならば、価格の安いところで購入したいと思うのは自然な流れなのだ。

家電量販店の危機感

このような状態に、大型家電店も黙っているわけにはいかない。2012年11月、アマゾンから電子書籍リーダー「Kindle」シリーズが発売されたとき、ヤマダ電機、エディオン、ヨドバシカメラが販売を見送った(ソースhttp://www.nikkei.com/article/DGXNASGF1607W_W2A111C1MM8000/)。自分たちのライバル会社であるアマゾンの端末を売ることは、アマゾンの通販サイトへの顧客流出につながると判断したためだ。もうひとつの理由としては、Kindle の利益率が10% 以下という点も挙げていたが、ビックカメラ、ケーズ電機、上新電機はKindle の販売を行なっている。ビックカメラ、上新電機はアマゾンに通販サイトを出店しているためと推測できる。

この事例を見ても、大型家電店が通販サイトに対して危機感を持っているということは、おわかりいただけるだろう。そしてもうひとつの事例が、「当日配送地域の拡大」だ(ソース http://www.yodobashi.com/ec/support/service/yodobashi_com/index.html)。ヨドバシカメラは2011年から都内を中心に当日配送を行なってきたが、2013年1月現在では、関東地方全域、山梨県、宮城県、名古屋市に加え、札幌、新潟、大阪、神戸、京都、福岡の全国主要都市およびその近隣地域まで対象地域を拡大。もちろん配送料金は無料。つまり、大型家電店がどんどん通販サイトのサービスを取り込み、ショールーミングを阻止しようとしているのだ。価格に関しては若干通販サイトのほうが安い場合があるが、即日配送サービスがあれば、自宅に帰る際の荷物を減らすことができるのでかなり便利といえる。

Pocket
LINEで送る