ITの視点から見た上海万博レポート

IT批評
Pocket
LINEで送る

市野瑞穂

かつてない規模で開催されている上海万博は、史上もっともIT技術に注目が集まる万博となっている。躍進する中国企業のみならず、各国企業がその技術力のPRで鎬を削っている。

IT事業の起爆剤となる上海万博

上海国際博覧会( 上海万博) が2010年5月1日、開幕した。同万博には万博史上最多の246の国・地域・国際機関が参加。会期184日間で過去最高記録である大阪万博を上回る7000万人の来場を見込んでいる。中国は万博の歴史に名を残すような成功を目指しているが、上海万博は確かにいくつかの理由から、中国国内はもちろん、世界的にも印象深いものとなるはずだ。

万博開催決定当初から「持続可能な発展」というテーマの礎として、また国内IT事業の起爆剤とすべく、中国はハイテクIT技術を上海万博の目玉として準備してきた。

そのハイライトとなるのが、中国移動(チャイナモバイル)が開発した「准4G」と言われる次世代高速通信ネットワーク・TD-LTE(TD- Long TermEvolution)である。上海万博の通信基盤として使われているこのネットワークは、中国オリジナルの第3世代携帯電話方式TD-SCDMA の進化基準であり、100Mbps に達するハイスピード通信が特徴だ。

中国には中国移動、中国電信(チャイナ・テレコム)、中国聯合通信(チャイナ・ユニコム) の3 つの携帯電話通信キャリアがあり、現在はそれぞれがTD-SCDMA、CDMA2000、W-CDMA と形式の異なる3Gサービスを提供している。なかでも5億を超える圧倒的ユーザー数を誇る最大手の中国移動が、万博という晴れの舞台で世界初の4GであるTD-LTE を発表したことは、世界市場に対する中国ITの競争力の十分なPRになったと言えるだろう。中国通信設備三大メーカーのHuawei(華為科技)、ZTE(中興通信)、Datang(大唐電信)のほか、モトローラ、ノキア、シーメンス、エリクソンといった世界的な携帯電話メーカーもTD-LTE の開発に協力しており、今後参入する姿勢を示している。

TD-LTE は万博会場内の道路や東西にまたがる万博会場を流れる黄浦江の水上、および万博終了後も存続する予定である「一軸四館」(万博会場のメイン通路「世博軸」と中国館・テーマ館・万博文化センター・万博センター)など、重要拠点とそのエリアに設置されている。万博期間中は各会場周辺、自動車や船の往来などの交通状況、来場者の流れなどをリアルタイムで監視するなど、セキュリティ管理にも使われている。また、世界各国から上海万博に訪れるメディアに対してUSBドングル型のTD-LTE端末を提供。写真や原稿、ハイビジョン映像の高速データ送信を実際の性能で体験できるという。R F I D 付きのSIMカード

世界初のIT技術をウリにする上海万博の特徴の一つが、携帯電話用の電子版チケットだ。中国の携帯電話はSIMカード挿入方式だが、RFID 付きのSIMカードにすることで電子版チケットを購入してダウンロードすることができる。万博入場時には会場改札口のセンサーに数秒かざすだけ。紙のチケットと違い、チケットの物理的な配送なども不要となり、省エネで環境に優しい。またRFID 付きSIMカードを入れた携帯電話はいわゆる「おサイフケータイ」として使うことが可能であり、万博会場内のコンビニや一部のショップでの買い物も楽しめる。何よりニセモノの多い中国では、ニセモノのチケットでないことが安心という面もある。

 

ITにかける意気込み

中国移動は5・28平方キロメートルに渡る万博会場内に、会場の外の約20倍の密度のネット環境を整えており、一度に最大で80万人の通信需要に耐えることができるそうだ。

中国移動は万博会場内にベースステーションを17カ所、その他200カ所のステーション、2500以上の無線スポットを設置し、192の主な建物内のネットインフラを整備し、2G、

3G、無線と異なるニーズに対応している。ほかに、万博会場の入り口付近など、人が多く集まる場所に万博データステーション(世博信息亭)を設置。万博会場内に38のデータステーションと169台のデータマシンを置いている。一見、公衆電話のように見えるこのステーション、パネルをタッチするだけで万博会場における当日のイベントや人気のパビリオン、公衆トイレの位置、レストランのお得な情報、ボランティアがいる位置などの各種情報を知ることができる。

さらに、検索した情報を携帯電話のショートメッセージ機能を使って自分の携帯電話に送信して保存することも可能だ。各パビリオンの待ち時間の確認、指定パビリオンの予約、携帯電話のプリペイドカードのチャージや充電にも対応している。

中国移動の上海万博にかける意気込みを感じさせるのは、それだけではない。中国移動と中国電信がダブルスポンサーを務めるパビリオン「信息通信館(情報通信館)」は、上海万博最大の企業館の一つであり、もっとも人気のあるパビリオンの一つでもある。

入場とともに、来場者一人ずつに小型ゲーム機のような端末が手渡される。端末は中・日・英・韓の4カ国語に対応しており、大きなスクリーンに映し出されるアニメーションに同期した質問が映し出されたり、バイブレーションを与えたり、発光したりする。来場者たちはスクリーンと端末の両方の動きに夢中になっていた。

アニメーションはCGをふんだんに使った精度の高いものであり、また、画面の映像と同期してシャボン玉や雪などが上から降ってくる仕組みは、他の国家館でも多く見られたものであり、中国移動の上海万博に対する投資金額の多さが伺えた。信息通信館では最後に、各自の端末を使った来場者参加型の「夢を集めるゲーム」が楽しめる。ただスクリーンで映像を見るだけのパビリオンが多いなか、個性的で印象深い演出になっていたと思う。

Pocket
LINEで送る

1 2