流行タームで追うIT業界

Pocket
LINEで送る

田所永世

言語は現象や状況を認識するための道具である。変化の激しいIT周辺では、次々に新たなタームが流布し消えていく。それは、新しい現象や業況がかつてなかったスピードで生まれては消えていったことの証左ともいえるだろう。

ネットサーフィン

インターネットが普及しはじめた90年代初期、ウェブの閲覧を称して使われた言葉。

面白そうなウェブ/ウェーブ(波)を次々にクリックして乗り換えていくさまをサーフィンにたとえている。多分に「うまいこと言った」感と流行性が強かったために、気恥ずかしさから使わなくなった人も多い。

しかし、ほかに適切な代替語がないために、2008年からは広辞苑にも収録され、現役で使っている人もいるほか、「ネットサーフィン(笑)」や「ネットサーフィン(死語)」といった註釈付きで使う人も少なくない。

当時はグーグルもなく、それぞれのページに貼られたリンクを辿る「ネットサーフィン」がネットの一般的な利用法だったが、検索エンジンの発展した現在、「ググる」行為が含まれない「ネットサーフィン」はその役割を半ば終えたといえるかもしれない。

テレホーダイ

1995年からNTTが提供している電話サービスの商品名。ADSL、光、ケーブルなど常時接続が当たり前となってしまった現在からは信じられない話だが、当時はネットにつなぐためにいちいち電話をかける必要があった(ダイヤルアップ接続)。当然、ネットを使っている間はその電話回線は使えないし、従量制の電話料金も支払う必要があった。

テレホーダイはネット需要の高さから開発された商品で、夜23時から翌朝8時までの間に限り、あらかじめ指定した番号に対しての通話料金が定額制になるものだ。

これによって深夜のネット利用のコストが格段に下がり、多くのネットジャンキーを生んだ。略称のテレホや、テレホタイムといった言葉が、当時の普及具合をよく表している。若者には「パケ死」と「パケット定額制」みたいなものと言えば通じる。

PDA

Personal Digital Assistant の略。携帯情報端末ともいう。1993年に発売されたアップルのメッセージパッド(いわゆるニュートン)を嚆矢とする手の平サイズのパソコン。

PDAの名称は当時のアップルCEOであったジョン・スカリーによるものといわれる。アイデアは良かったものの、技術が追いつかず、また高額だったために商業的に失敗し、アップル低迷の原因ともなった。

1998年にニュートンが販売停止した後も、ザウルスやパームなど一部の市場は残ったが、今ひとつぱっとしないうちにノートパソコンの小型化(モバイルノート)や携帯電話の高機能化(スマートフォン)におされて消えようとしている。

「帯に短し襷に長し」と言っては悪いだろうか。元祖アップルのiPod touch などはもはやPDAと名乗ることすらやめてしまった。

Pocket
LINEで送る