「広告宣伝は、本当のことをわかりやすくお客様に伝えるだけでいい」

IT批評
Pocket
LINEで送る

株式会社ウェブクルー代表 青山浩

 

構成・文/田所永世

人生の転機は何度か訪れる。

転職、引っ越し、結婚、保険……。我々はその選択の指針をネットに求める。きわめて現代的な行為と言えるだろう。読者のなかで、その社名は知らなくてもウェブクルーの比較サイトを利用したことがないと言い切れる人は少ないはずだ。

マンガの登場人物になった社長

マンガ家の西原理恵子さんが魚屋をやっていると聞いたのは去年の暮れ。15年前からの読者として気にはなるなあとブログをチェックしたところ「札幌の市場から、北海道中の漁師さんから、直接買いです。青山社長と私で、業者さん漁師さんをまわるに、驚くほどうまくて安い魚貝類。なんで私らのもとに来る間にこんな高くなってんの。漁師さんに正当な対価が支払われてないやんと、いつもの西原節。

文中の「青山社長」という名前に聞き覚えがあって調べたところ、広告マンガなのにガチンコでFXやって、リーマンショックで1000万円が消えたという『西原理恵子の太腕繁盛記』に出てきたIT社長だった。そもそも西原理恵子さんに広告を依頼したのが、FXキングの親会社であるウェブクルーの青山浩社長だったわけで、いわば今回のネットの魚屋「サイバラ水産」は再タッグのようなものだ。

 

ボクシング中継でも話題になる

株式会社ウェブクルーとはどんな会社か。ホームページを見ると、普通の会社とは違って目もくらむような細かさでいろいろなサイトがリストアップされていた。「サイバラ水産」をはじめとして、「保険見直し本舗」「中国火鍋専門店・小肥羊(しゃおふぇいやん)」「e│ 旅.net」「引越し比較.com」「車買取比較.com」「バイク買取比較.com」「ピアノ買取. ねっと」「結婚サービス比較.com」「持ち家計画」「施主支給パラダイス」「優良老人ホーム安心相談室」「ヘリ・飛行機売買情報」なんてものまであった。

どうやらカカクコムのような、商品・サービス比較サイトをジャンルごとに多数提供している会社らしい。そのなかで「保険見直し本舗」のロゴに見覚えがあった。気になってさらに調べてみたところ、亀田兄弟との対戦で有名になった、元WBC世界フライ級チャンピオン内藤大助選手のスポンサーだった。亀田大毅選手に両手で持ち上げられた際に、テレビに大写しになったトランクスのお尻にロゴが入っていたのだ。当時の映像を見直すと、トランクスの前面にはウェブクルーの文字もあった。

この試合による同社の広告効果は、一説によると10億円とも見積もられている。試合の翌日から、「保険見直し本舗」への問い合わせは通常の20倍程度に増え、ウェブクルーの株価も急激に上昇したという。

今やと国民的マンガ家となった西原理恵子さんといい、王者は陥落したもののお茶の間の人気タレントとなった内藤大助選手といい、ウェブクルーの広告における人材の起用は、おそるべき慧眼と言える。その秘訣を聞こうと、渋谷のウェブクルー本社に青山社長を訪ねてみた。

 

博打は博打と説明してあげないと

マンガのなかでは「藤山寛美がでっち小僧の衣装を着て出て来た」とかわいらしく描かれている青山社長だが、その経歴は想像以上に華やかだ。

1997年に東京大学法学部を卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に入行。だが、3年後にはあっさり銀行を辞めてM&Aコンサルティングに入る。いわゆる村上ファンドとして知られた村上世彰氏の会社だ。

自らの投資会社キャピタルギャラリーを設立して独立し、マザーズに上場したITベンチャーのウェブクルーに資金提供するかたちで社長に就任する。ITよりも、むしろ金融に詳しいイメージだ。保険比較サイトであったウェブクルーが、FXキングで一躍有名になったことも頷ける。

FXキングに連載された西原理恵子さんの広告マンガは衝撃的だった。なにしろFX投資を勧めるはずのものが、いかに大損こいたかということばかりが描かれている。

それでどうして宣伝になるというのか。だが実際には、マンガを見てFXをはじめた人は多かったらしい。広告を見ての参加かどうかは明確にはわからないものの、FXキング投資家の3割以上が西原さんのファンだったという調査結果もある。

広告宣伝は、本当のことをわかりやすくお客様に伝えるだけでいい。それが青山社長の信念だ。

「FXはぼくの見るところ博打です。その危険性を理解してもらわずにお客様に勧めるのは詐欺ですからね。損をするリスクもあるけど大儲けするかもしれない。FXという金融商品の魅力を伝えるには西原先生がもっとも適任だろうと思いました」

青山社長によれば、FXでは投資家全体の5%くらいしか儲かっていないという。参加者の95%がお金を失うのであればたしかに博打だ。それでも宝くじよりは勝つ確率はずっと高い。同じ夢を買うならばFXのほうがいいと参加する人は必ずいる。

だが、もし「FX=博打」という真実を伝えて、お客様がついてこなかったらどうするのか?

「きちんと理解してもらって、それでも人が集まらないのであれば、世の中に必要のないサービスというだけのことです。こういう仕組みだから興味があったら参加してね、という呼びかけだけで成立しないビジネスは、やっても仕方ないですよ。それなら別のことをやればいいだけの話です」

実際、競合優位性がなくなるとみるやさっさとFX事業は畳んでしまった。面白そうなことは何でもやる

ウェブクルーの魅力はチャレンジ精神だ。まるで先見の明があったかのような、西原先生や内藤選手の起用は決して未来を見通す予知能力の成果ではない。「面白そうなことはなんでもやらんと」という青山社長のポリシーのもと、数えきれないほどの失敗のうえに成り立つ成功例なのだ。

たとえば最近、ウェブクルーは「話題のアニメ映画『エヴァンゲリヲン新劇場版』とコラボレーションしたバッテリーシリーズ『電力補完計画』」なる製品を発売した。

何かと見れば、iPhone やニンテンドーDSi などの携帯情報端末に使える汎用外付バッテリーだが、人気アニメのキーワード「人類補完計画」にひっかけて、商品が広まる工夫をしている。「電力補完計画」をグーグルで検索したところ約4万件のヒットがあった。コラボレーションがなければ、ここまで話題にはならない。

メイン業務である比較サイトについても、保険業者比較、引越し業者比較、車買取業者比較といった誰もが考えつくようなものから、結婚サービス業者比較、ピアノ買取業者比較、優良老人ホーム相談と、選択の幅を広げてきた。

Pocket
LINEで送る

1 2