「素直になれなくて」は本当にTwitterドラマなのか?

IT批評
Pocket
LINEで送る

三浦一紀

映画、テレビドラマを原作物やリメイクが占めるようになったのはいつからか。ネタ探しの触手は当然のようにインターネットにも伸びる。そこに小さなほころびが見えているようだ。

脚本家北川悦吏子がT w i t t e r で炎上

2010年4月から、木曜夜10時にフジテレビで放送されているテレビドラマ「素直になれなくて」。このドラマは、日本初のTwitter をテーマにしたドラマということで、放送前からTwitter ユーザーの間で話題になっていた。原作と脚本を担当したのは、ヒットメーカーの北川悦吏子。出演は瑛太や上野樹里、玉山鉄二などが揃っている。

筆者はドラマに疎く(というかテレビ全般あまり見ない)、瑛太や玉山鉄二がどれほどの俳優なのかはあまりピンとこない。上野樹里は「のだめカンタービレ」で人気が出た女優であるということはわかる。その程度の知識しか持ち合わせていないのだが、Twitterドラマということで、この原稿を書く

ためにも少し見てみることとした。

ちなみに、テレビドラマを欠かさず見たのはTBSで放送されていた長渕剛主演の「とんぼ」以来。もう22年前だ。それ以来、テレビドラマはほとんど見たことがない。

実はこの「素直になれなくて」、Twitter ではドラマ本編とは違うところで盛り上がった部分がある。それは北川悦吏子のTwitter でのつぶやきが引き金。彼女はTwitter 初心者であることをカミングアウト。そのため、一部のネットユーザーからは「Twitterのことを知らないでTwitter ドラマ書くのか」とささやかれていたこともある。

そのようななか、4 月に彼女が「Twitter ができることをなんで偉そうに自慢するのか。Twitter ができないことをなんでばかにするのか」といった内容のつぶやきを投下。どうやら、Twitter ドラマの脚本を書こうとしたときに、周囲のTwitter ユーザーにばかにされたらしいのだ。

そして「Twitter なんて所詮システムだから覚えれば誰でも使える」「機械やシステムを使いこなせることを偉いと思うのはばかだ」といった内容のつぶやきを連続投下。これにより彼女のTwitter は炎上。そして最終的には、「これからリプライは見ない。ブログに戻る(ニヤリ)」とつぶやき、該当の発言を削除。そしてアクセスブロックをしてしまう。いわゆる「言い逃げ」を行ったのだ。

もしこれが、完全に予定された宣伝であったならば、すごい。Twitter ユーザーは否が応にも「素直になれなくて」を見たいと思ってしまうだろう。

 

愛称「スナナレ」でT w i t t e r 上で親しまれている

そんな騒動がありつつも、Twitterユーザーは「素直になれなくて」の第1回を視聴。もちろん、Twitter 上でリアルタイムにつぶやきながら。その際ハッシュタグは「#sunanare」と決められた。このことから、Twitter上では「スナナレ」の愛称で呼ばれることとなる。

さて、紆余曲折ありつつもはじまったドラマ。しかし、ドラマの内容は思ったほどTwitter がメインではない。

ざっとあらすじを書くと、Twitter上で仲良くなった3人の男子と1人の女子(全員20代)が、オフ会を開くことになった。女子は1人では行きづらいので、Twitter をやっていない親友を連れてオフ会に参加。ここからスト

ーリがはじまるのだ。

だが、この時点でTwitter 上ではさまざまな批判が飛び交う。「Twitterでの出会いはおじさん同士ばかり」「これではTwitter が単なる出会い系ツールのように思われる」といった感じだ。

要は、Twitter は単なるドラマ上の小道具に過ぎず、ドラマの本質は男女5人の複雑な恋愛模様を描く、よくある盛り沢山な内容のドラマなのだ。

ざっと見ただけでもトレンディなキーワードがかなり散りばめられている。

痴漢、 リストカット、 引き籠り、ストーカー、ブラック会社、万引き、

妊娠、 流産、 病気、ドラッグ……。

とにかく次から次へと問題が起きて、ある意味ジェットコースタードラマの

ような様相。じれったいとかそういう感じではなく、本当にあれよあれよという間に話が進んでいくといった感じだ

Pocket
LINEで送る

1 2