人工知能は「モノ」と「コト」を理解するか?〜想像と思考を拒絶する人工知能 その3

Pocket
LINEで送る

桐原永叔

日本における知能、知性への探求は、西洋のそれまでとは違う歴史を持つ。そこに、人工知能開発に新たな視点を加えるヒントを見出すことはできないか。感情と知能の関係はどうなるのかを考える。

 

原子力と人工知能を手にしたロボット

わたしたちは原子力と人工知能を手にした存在を、フィクションのなかですでに目にし、親しんですらいる。

手塚治虫の漫画『鉄腕アトム』がテレビ放映のアニメとして、その端緒を開いたのは1963年である。あらゆるジャパニメーションの原点ともいわれるこの作品はまた、わたしたち日本人にロボットの原像を与えている。この作品を幼少時に観ていた現在50〜60代の大人たちに大きな影響を与えているのはいうまでもない。

名作と呼び声の高い1話である「史上最大のロボット」は、2000年代に入り浦沢直樹により『プルートゥ』としてリメイクされた。『プルートゥ』は、『鉄腕アトム』に育てられたわたしたち日本人がもつロボットの原像に対する現在におけるイメージの変化が表れている。

動力源であり主人公の名にも表れている原子力への言及はまったくないが、その分、『鉄腕アトム』当時では希薄であった人工知能について緻密な描写がなされている。また、この作品の世界観は人工知能がイラク戦争を想起させる国際紛争の原因にもなっている。中東が国際紛争の火薬庫として描写されるのは現代性とも見てとれるが、原典なった「史上最大のロボット」でも中東系の王族の陰謀を描いている。ただし『プルートゥ』では、最大の敵はアメリカに似た「トラキア合衆国」のコンピューターであるし、繰り返し描かれているロボット差別は現代の移民問題のメタファーとしても読める。

この『プルートゥ』では、地球人口に匹敵する数十億の知能をインストールされ催眠状態に入ったアトムら高性能ロボットを稼働させるのが、「偏った感情」の装備であった。「ディープブルー」に与えられたような数億の選択肢のなかで、判断の基準となるのが「偏った感情」という、きわめて人間的な目的の装備なのである。

Pocket
LINEで送る

1 2