YouTuber(ユーチューバー)を活用したSNS動画広告サービスを提供開始 人気ゲームアプリが導入しCPIを80%削減!インパクト大のプロモーション動画で広告効率を最適化

Pocket
LINEで送る

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は、SNS広告運用に特化した専門チーム「AD Business Unit」(以下「ADU」)が提供する新たな広告配信ソリューションとして、アプリ事業者に向けてYouTuber(ユーチューバー)を活用したSNS動画広告サービスの提供を開始いたします。

YouTuberを活用したSNS動画広告サービス イメージ
YouTuberを活用したSNS動画広告サービス イメージ

サービスの開始に先駆け、2015年11月より、スマートフォン向けゲームアプリの開発・運営を手がける株式会社バンク・オブ・イノベーションがFacebook広告運用において本サービスの導入を行ったところ、アプリインストール広告のCPI(1インストールあたりの獲得単価)を80%削減する成果を生み出しました。

■急速に拡大するSNS動画広告市場
近年、SNSにおける動画のプロモーション活用は国内外で大きな関心を集めていますが、中でもFacebookは、1日当たりの動画再生回数が80億回を超えるなど(※)その勢いを増しており、広告配信を行うアプリ事業者も増加しつつあります。しかしその一方で、静止画と比べて制作コストが高く、広告クリエイティブごとの精緻な効果検証が難しいことや、参入企業の増加に伴う広告効率の低下など、様々な課題も生まれています。

■YouTuberの活用で広告効率を最適化
本サービスでは、SNS上で広告配信を行いたいアプリ事業者に向けて、YouTuberによるSNS向けオリジナル動画広告の制作・運用をワンストップで支援し、インストール広告の最適化を実現します。
YouTuberネットワークを有する複数の動画制作会社と連携し、顧客企業の広告予算に合わせて、YouTuberのキャスティングからSNS広告に最適な動画コンテンツの企画・制作、広告のターゲット設定および運用代行まで、動画広告運用にかかわるすべての工程を一括で請け負います。

クリック率によって配信単価が決まることの多いSNS広告では、A/Bテストによる広告クリエイティブ(画像、テキストなど)の最適化が重要となります。本サービスでは、当社が持つSNS動画広告支援の豊富な実績と、ユニークかつインパクトのある動画を短期間で制作可能なYouTuberの特性を掛け合わせることで、データに基づいた細やかな効果検証とチューニングを繰り返し行うことが可能となり、より効率的な広告運用が実現できます。

■リアルな実況動画でアプリの内容理解を促進、LTVの高いユーザーを獲得
株式会社バンク・オブ・イノベーションが、人気ゲームアプリ「幻獣契約クリプトラクト」(https://cryptract.jp)のプロモーションで本サービスを試験導入したところ、従来の動画広告と比較してCVR(顧客転換率)が242%改善し、CPIが80%減少したことが分かりました。
今回の施策について、株式会社バンク・オブ・イノベーション マーケティング統括本部 五十嵐氏は、「当社ではこれまでもFacebook広告を運用していましたが、他の広告媒体に比べてCPIが高いことが課題でした。今回の施策では、そのCPIを大幅に削減できたことに加えて、インストール後にも高い課金率を維持することができました。これは、YouTuberが実際にゲームをプレイする実況風景を広告素材として活用したことで、広告接触時からゲームの内容理解を促し、インストール後のLTV(顧客生涯価値)が高いユーザーを獲得できたことによるものと捉えています。今後も引き続き動画広告を活用し、SNS広告運用のさらなる最適化に繋げていきたいと考えています。」と述べています。

アライドアーキテクツでは今後も、SNS広告運用を効果的に支援するサービスの開発・提供に努め、顧客企業における広告効果の最大化およびマーケティングコストの軽減を実現してまいります。

※ 出典:Facebook Reports Third Quarter 2015 Results(http://investor.fb.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=940609

■アライドアーキテクツ株式会社 会社概要
・代表者 : 代表取締役社長 中村 壮秀
・本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
・URL : http://www.aainc.co.jp/
・設立 : 2005年8月30日
・事業内容 : SNSプロモーション総合支援プラットフォーム「モニプラ」の運営、
アドテクノロジーサービスの提供 等

* 「Facebook」、 「Facebook」ロゴはFacebook Inc.の商標または登録商標です。
* 「Twitter」、「Twitter」ロゴはTwitter, Inc.の商標または登録商標です。
* 「YouTube」はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
* その他、本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

Pocket
LINEで送る