MKI、サイボウズ社にワークスタイル改革を推進する 次世代コミュニケーション基盤を導入 ― オフィスとカスタマーセンターのシステムを統合し、 シームレスなインフラを構築 ―

Pocket
LINEで送る

三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野 慶久、以下 サイボウズ社)のオフィスからカスタマーセンターまで統合し、各コミュニケーションツールを連携させ、多様な働き方に対応した次世代コミュニケーション基盤を構築したことを発表します。

サイボウズ社日本橋オフィス
サイボウズ社日本橋オフィス

サイボウズ社はかねてより、2005年には28%だった離職率を2013年までに4%まで軽減するなど、風土改革・人事改革に取り組んできました。そしてこの度、オフィス移転をきっかけとして更に裾野を広げ、社内で使用しているコミュニケーションツール及びその環境を刷新することを決定しました。それまで電話やチャットなどのコミュニケーションツールは、複数のメーカの製品やツールを組み合わせて使用していたため、上手く連携ができておらず、オフィスの従業員の満足度や利用率が伸び悩んでいました。また、各ツールをそれぞれ管理しなければならないなど、運用上の負荷が高いことも課題でした。

サイボウズ社の新しいコミュニケーション基盤は、在宅勤務や子育て世代に対応したリモートオフィス環境の整備や、モバイルとビデオを活用した更なる社内チームワーク強化による、お客様及び従業員の満足度向上を目標に進められました。
MKIはオフィスのネットワークインフラ構築のみならずカスタマーセンター構築においても豊富な実績を活かし、サイボウズ社のコミュニケーション基盤の設計・構築を行い、オフィスとカスタマーセンターをシスコシステムズ社のソリューションで統合しました。実績も豊富で安定性のあるシスコシステムズ社のソリューションで、将来的な要件変更や拡張も容易となり、サーバはデータセンターに集約することで、運用の柔軟性を確保しました。こうして各コミュニケーションツールが連携し、あらゆるデバイスやOSから電話・チャット・Web会議・ビデオ会議・ボイスメールが利用可能になりました。これにより、様々なワークスタイルや業務に対応できるコミュニケーション環境が実現し、多様性を活かした社内チームワークづくりが促進されました。
サイボウズ社は今後、東京オフィスだけでなく、11月に移転予定の大阪オフィスをはじめ、国内外の各拠点オフィスにおいても、同様の環境整備を進めていく予定です。

【ご案内】
10月7日(水)に開催する「ワークスタイル変革 導入事例セミナー」にて、本取り組み内容についてサイボウズ社ならびにシスコシステムズ社にご講演いただきます。詳細は以下ご確認ください。
http://www.mki.co.jp/event_news/event_news_2015/20151007.html

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えています。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティングから設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、自らの技術力を駆使した新たなビジネスの創出と、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指します。

ホームページ: http://www.mki.co.jp/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 ビジネスアライアンス部
TEL  : 03-6376-1122
FAX  : 03-3435-0524
e-mail: sales@ml.mki.co.jp

Pocket
LINEで送る