FacebookやGmailなどの通信のネットワーク帯域使用状況を可視化 ~ゾーホージャパン、NetFlow・sFlow対応フローコレクタ最新版をリリース~

Pocket
LINEで送る

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫洋一郎、本社:横浜市)は、ネットワークトラフィックの解析、帯域使用状況を可視化するNetFlowsFlow対応フローコレクタ「ManageEngine NetFlow Analyzer (マネージエンジン ネットフローアナライザ、以下、NetFlow Analyzer)」の最新版を「リリース9.9」として、本日2014731日にリリースします。

最新版「リリース9.9」では、Cisco AVCをサポートしたことで、FacebookGmailTwitterなど、1,000を超えるアプリケーション識別情報をレポート表示できるようになりました。

Cisco AVCについて:シスコのネットワーク機器でのアプリケーションレベルの分類とモニタリング、トラフィック制御を可能にするサービススイートです。(CiscoWebサイトより引用)

Cisco AVCの組み込まれたネットワーク機器を有するネットワーク環境であれば、「社内ネットワーク上でいつ誰がFacebookを使っているかの調査」や「全社員で導入しているGmailなど、ビジネスに影響を及ぼす可能性のあるアプリケーションの通信品質の可視化」が可能です。

【主な新機能および改良点】

● Cisco AVC をサポート

Cisco AVC情報を含むNetFlowを受信し、NBAR2アプリケーション毎、HTTPホスト毎、QoSクラス階層毎の帯域使用情報、およびNBAR2アプリケーションの応答時間に関するレポートを表示します。FacebookGmailTwitterなど、1,000を超えNBAR2アプリケーションを識別します。

【製品概要】

NetFlow Analyzerは、ネットワーク機器のインターフェースを通過するCisco NetFlowsFlowIPFIXCitrix AppFlowなどのフローデータを収集・解析し、ネットワーク帯域の利用状況や傾向を可視化することで、SNMPによる監視だけでは捉えきれない障害の原因解析やセキュリティ強化、キャパシティプランニング等の適切な対策を支援します。

http://www.manageengine.jp/products/NetFlow_Analyzer/

【動作環境】

http://www.manageengine.jp/products/NetFlow_Analyzer/system-requirements.html

【ライセンスと価格】

1年間利用可能な年間ライセンスと無期限の製品ライセンスの通常ライセンスが

あります。http://www.manageengine.jp/products/NetFlow_Analyzer/pricing.html

Pocket
LINEで送る