Aktana、Veeva Systemsと業務提携 MRの意思決定を支援し業務効率を向上

Pocket
LINEで送る

グローバルライフサイエンス企業の営業向け意思決定支援をリードするAktana International, LLC(本社:San Francisco, CA、President and Chief Executive Officer:David Ehrlich、日本法人本社:東京都渋谷区、日本担当ゼネラルマネージャー:ロバート・ウィルソン、以下 Aktana)と、ライフサイエンス業界向けの業務用クラウドソリューションのリーディングプロバイダー Veeva Systems Inc.【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、Veeva Web Approved Technology Partnerとしてのパートナシップを締結いたしました。
(本リリースは、2015年3月11日にAktana米国本社が発表した報道資料をベースにしています)


グローバルライフサイエンス企業の営業チーム向け意思決定支援をリードするAktanaは、Veeva Web Approved Technology Partnerとなりました。これにより、Veeva CRMのお客様は、今まで以上に、より簡単に特許取得の意思決定支援エンジンを利用できるようになります。この連携により、ライフサイエンス企業へ、マルチチャネル顧客エンゲージメント戦略の実施と営業員全体のパフォーマンスを改善する強力で新しいツールを提供することとなります。
ライフサイエンス企業の多くは、マーケティング主導型での顧客へのコンタクトと営業活動を同期化する必要を認識していますが、マルチチャネルプログラムの効果的な運用に努力しながらも、顧客とのやり取りの履歴をMR同士で単純に共有するレベルに終始していました。
Aktanaのインテリジェンスベースのプラットフォームは、チャネル間で双方向のコーディネートを行います。結果は、コンタクト頻度、メッセージおよびチャネルを特定のお客様のニーズに合せるためのマーケティングシステムへ統合され、コンテキストに沿った推奨としてVeeva CRM上でMRに提供されます。

「クロスチャネル・マーケティング戦略上にMR活動を連携させるのは複雑で、従来のマーケティング・オートメーションシステムでは担いきれなかったレイヤーです。」と、Aktana日本担当ゼネラルマネージャーのロバート・ウィルソンは述べました。「Veeva CRMと連携することで、Aktanaの意思決定支援エンジンにより、ライフサイエンス企業は、マルチチャネル上でマーケティング施策をMR活動と連携させ、より効果的で顧客に対して一貫した対応を行うことが可能になります。」

ライフサイエンス企業は、増大を続ける関連データから、どのようにMRが意味のあるインサイトを引き出すかを模索しています。顧客との関係はますます重要になっていますが、その実行は難しく時間がかかり、新しいスキルセットを必要とします。幸いVeeva CRMは、仮想データハブとして機能し、顧客関連情報を融合させ、Aktanaの意思決定支援エンジンは、MRの次の行動に関連するインサイトと推奨についての情報を前もって処理できます。Aktanaから導かれるガイダンスは、戦略的な計画や、成績トップのMRから自然にもたらされるベストプラクティスをベースに作成することができます。

「ライフサイエンス企業で現在もっともホットな課題のひとつが、ビッグデータをいかに有効活用できるか、です。Aktanaから得られるインサイトは、マルチチャネル戦略の成功の鍵を握っているものと期待しています。」と、Veeva日本法人代表取締役 岡村は述べています。

【Aktanaについて】
Aktanaは、グローバルライフサイエンス営業チーム向けの意思決定支援分野で先駆的な企業です。同社のデータに基づいたインサイトと推奨は、営業員の既存CRMワークフロー内で提供され、データ活用と意思決定向上に欠かせないものとなります。Aktanaはマルチチャネルマーケティング施策を支援し、どの顧客にどのプログラムエレメントがもっとも成功するかを分析したレポーティングを通じて学習することで、全社にサービスを提供します。Aktanaの本社はサンフランシスコにあり、ニューヨーク、東京およびサンディエゴに事務所があります。Aktanaの意思決定支援エンジンについて詳しくは http://aktana.com/ja/zhi-pin-0 をご覧ください。

【Veeva Systems社について】
Veeva Systems社はグローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソリューションを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで275社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。Veevaは、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開しています。詳しくは、 http://veeva.jp をご覧ください。

【Forward-looking Statements】
This release contains forward-looking statements, including statements regarding benefits from the use of Veeva’s solutions and general business conditions. Any forward-looking statements contained in this press release are based upon Veeva’s historical performance and its current plans, estimates and expectations and are not a representation that such plans, estimates, or expectations will be achieved. These forward-looking statements represent Veeva’s expectations as of the date of this press announcement. Subsequent events may cause these expectations to change, and Veeva disclaims any obligation to update the forward-looking statements in the future. These forward-looking statements are subject to known and unknown risks and uncertainties that may cause actual results to differ materially. Additional risks and uncertainties that could affect Veeva’s financial results are included under the captions “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations,” in the company’s filing on Form 10-Q for the period ended July 31, 2014, which is available on the company’s website at www.veeva.com under the Investors section and on the SEC’s website at www.sec.gov. Further information on potential risks that could affect actual results will be included in other filings Veeva makes with the SEC from time to time.

Copyright (c) 2015 Veeva Systems. All rights reserved. Veeva and the Veeva logo are registered trademarks of Veeva Systems. Veeva Systems owns other registered and unregistered trademarks. Other names used herein may be trademarks of their respective owners.

Pocket
LINEで送る