国内パッケージ初!外貨入金の自動消込に対応! 入金/回収特化型ソリューションパッケージ 「Victory-ONE/G3」が新機能を発表!

Pocket
LINEで送る

ITソリューション/業務システム開発ベンチャーの株式会社アール・アンド・エー・シー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高山 知泰、以下 R&AC)は、自社で展開する「入金回収特化型ソリューションパッケージ『Victory-ONE/G3』」(以下 V-ONE)に、国内パッケージとして初めて(※当社調べ)外貨入金データと円貨入金データを混在したまま自動消込できる機能を実装した新しいバージョンを発売します。

概要図
概要図

バージョンアップしたV-ONEは、外貨で請求したデータを取り込むことで、外貨預金へ入金されてくる外貨入金データを円貨に転換することなく外貨のまま自動照合させ、違算情報を外貨のまま素早く確認することができます。また、学習機能や誤差計算機能、債権代表者機能などの従来からある円貨対応のV-ONE独自のユニークな機能も外貨データに対して利用することができ、効果的な自動照合を実現。これにより、経理部門の消込作業を大幅に効率化することが可能です。

このたびのバージョンアップは、堀場製作所(京都市)やその他のグローバル展開する当社大手企業ユーザーにおけるV-ONEの外貨入金カスタマイズ対応版をベースとしており、マーケットインの発想で開発された「使える」システムになっています。
日本航空やカシオ計算機、TOTOなど100社以上の中堅・大手企業の消込業務を効率化しているV-ONEですが、その消込業務ノウハウをそのまま外貨データに対応させました。これにより、他システムの追随を許さない幅の広い利用シーンを実現し、経理業務の作業効率を飛躍的に向上させます。

今後当社では、外貨をそのまま利用した自動消込ができる新バージョンのV-ONEを、グローバル展開している中堅・大手企業をターゲットに年間30本以上の販売を目指しています。

■製品概要
製品名    :Victory-ONE/G3 外貨オプション(仮称)
販売開始日  :2015年7月末以降順次出荷
年間売上(販売):販売本数目標30本

<イメージ図>
https://www.atpress.ne.jp/releases/69161/img_69161_1.png

■入金回収特化型ソリューションパッケージ『Victory-ONE/G3』の特徴
Victory-ONEシリーズは、平成17(2005)年の初版リリースより、国内では珍しい入金回収業務に特化したシステムとして、これまで多くのお客様にご採用/ご導入頂きました。企業規模の大小や事業内容を問わず、必ず発生する入金/回収にまつわる業務。ニッチな分野であるがゆえに、ジャストフィットしたシステムの構築には、時間も手間もかかります。
Victory-ONEでは、入金の自動消込から債権残高管理、滞留情報の配信業務など、入金/回収にまつわる業務を網羅的にカバーすることができ、既存ですでに稼働している基幹システムや会計システムにそのまま連携させて利用することができるようになっています。

『Victory-ONE/G3』の詳細についてはこちら
http://www.r-ac.co.jp/victory-one/

■会社概要
商号  : 株式会社アール・アンド・エー・シー
代表者 : 代表取締役社長 高山 知泰
所在地 : 〒101-0031 東京都千代田区東神田2-10-16
For Life Office東神田9F
設立  : 2004年11月
事業内容: 業務システム開発/導入/コンサルティング
入金回収特化型ソリューションパッケージ「Victory-ONE/G3」の
開発/販売
製品ページ http://www.r-ac.co.jp/victory-one/
資本金 : 3,700万円
URL   : http://www.r-ac.co.jp/

Pocket
LINEで送る