名古屋駅周辺で広告付歩行者案内板の実証実験を実施します! 広告収入で多機能型の歩行者案内板を整備  フリーWi-Fi、緊急情報等の提供やその後の清掃維持管理も広告料収入で

Pocket
LINEで送る

エムシードゥコー株式会社(以下 エムシードゥコー)は、「名古屋駅地区における公共空間の利活用を通じたまちづくり社会実験」(以下 名駅社会実験)に参加し、新たな歩行者案内板として、広告付き多機能型パネル(以下 スマートパネル)を常設する実証実験を2015年4月28日より開始します。

スマートパネル
スマートパネル

スマートパネルは、片側に歩行者案内板を備え、多言語対応地図や無料の公衆無線LAN(以下 フリーWi-Fi)、緊急情報の放送等の機能を提供するとともに、反対側に広告を掲出することで、パネルの初期導入費用から、搭載機能の運営やその後の清掃維持管理にいたるまで、関連する全ての費用を賄います。屋外広告を活用し、市民や自治体の負担無く、道路上のインフラや交通サービスを整備運営する「ストリートファニチャ*1」の1つです。

本実証実験では、スマートパネルのフリーWi-Fi機能を活用し、「MEIEKI_Free_Wi-Fi(名駅フリーワイファイ)*2」を提供します。また、MEIEKI_Free_Wi-FIは、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(以下 NTTBP)が提供するAndroid/iOSアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi(ジャパン・コネクテッド・フリー・ワイファイ、以下 JCW)*3」に参画します。これにより、一度アプリの利用登録を行えば、名古屋駅周辺のスマートパネル設置エリアに加え、約10万カ所の空港、駅等の生活動線に設置したJCWアクセスポイントにて、手軽な操作でフリーWi-Fiをご利用いただくことが可能となります。また、実験期間を通じて、Wi-Fiサービスに関連した様々な新しいサービスの提供を試みる予定です。
フリーWi-Fiの他にも、LED電光掲示板や緊急放送機能を備えており、平常時には時刻や気象情報をお伝えし、非常時には緊急地震速報や緊急警報放送をお伝えします。

スマートパネルは、公民連携の取組みによって、広告料収入を原資とすることで、長期間にわたってより適切な情報と維持管理を提供することができ、さらなる名古屋の魅力向上と、市民や来訪者などの歩行者に対する利便性向上に貢献します。

*1:自治体や市民の費用負担なく、広告料収入のみを原資として、道路上のインフラや交通サービスを提供する、屋外広告を活用したPPP/PFI事業(パブリック・プライベート・パートナーシップ/プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)事業。他に、B-Stop(R)(広告付きバス停留所上屋)、シクロシティ富山(コミュニティサイクル)など、国内40都市以上でエムシードゥコーが提供。

*2:SSID「MEIEKI_Free_Wi-Fi」を選択し、メールアドレスの入力等の手続きで簡単に登録完了。1回の接続で連続30分間利用することができ、1日5回まで接続できます。5言語(日本語、英語、中国語(簡体、繁体)、韓国語)に対応。

*3:NTTBPがフリーWi-Fi環境を提供している日本全国の主要空港や主要駅、観光施設などの約10万アクセスポイントを、操作一つで、すぐに探索し、エリアに入ると簡単にフリーWi-Fiへ接続することができるAndroid/iOSアプリ。

Pocket
LINEで送る