世界初のARスポーツアトラクションHADO(ハドー)中国初上陸!上海ジョイポリスにて2016年7月22日登場! HADO(ハドー)は、体を動かして技を発動させ、フィールドを動き回り、味方と連携して楽しむ『テクノスポーツ』です。

Pocket
LINEで送る

株式会社meleapが開発した、ヘッドマウントディスプレイを身につけ、走り回りながらモンスターや相手プレイヤーとリアルタイム対戦ができるHADO(ハドー)が中国初上陸!7月22日より上海ジョイポリスに登場!

今春中国・上海にオープンした室内型テーマパーク上海ジョイポリス(中国・上海)に世界初の AR(拡張現実) スポーツ「HADO(ハドー)対⼈戦」が7月22日より登場します。

HADOが中国国内は勿論、日本国外に常設アトラクションとして初上陸。HADO対人戦の常設アトラクションとしても初登場となります。

上海ジョイポリスは2016年2月6日に上海にて全面開業し、「デジタリアル」を施設テーマに、21種類の魅力的なアトラクションと先端技術体験が中国の若者層から高く支持されています。

HADO対人戦は最大2対2で対戦できる、汗ばむ白熱した新感覚のテクノスポーツアトラクションです。AR技術により、子供の頃に誰もが憧れた魔法の世界を圧倒的な臨場感で実現。
エナジーボールとバリアを駆使して、自由にフィールドを動き回り、最大2対2で相手プレイヤーのライフを削り合うARスポーツです。

HADOは専⽤ヘッドマウントディスプレイとアームセンサーを着用し、実際の空間と映像を合成。あたかも⾃分がエナジーボールやファイヤーボールを打てるかのような、新感覚のARスポーツアトラクション。

HADOのプラットフォームを使用したバーチャルモンスターと戦うパッケージ、「リアルモンスターバトル」は、ハウステンボス(長崎)、ナンジャタウン(東京・池袋)やJ-world(東京・池袋)など全国各地のテーマパークや施設に導入され、多くのキャラクターやIPとコラボレーションしています。

昨今のVR/ARムーブメントの中で、世界初のARスポーツとして注目をされているHADOの世界展開の一つとなります。
是非ご注目ください。

上海JOYPOLIS(シャンハイジョイポリス)
香港上場(1566.HK)華夏動漫集団が株式会社セガホールディングス及び株式会社セガ・ライブクリエイションよりライセンス許諾を受け開発した屋内型テーマパーク。
【住所】上海市普陀区中山北路3300号 環球港3-4楼  【営業時間】10:00〜22:00 (最終入場21:15)
【パスポート料金】大人(休日248元/平日198元)・学生・子供料金有 ※HADOは別料金にて運営
【利用制限】HADOは7歳未満利用不可 【HADO運営期間】2016年07月22日〜10月9日

HADO公式ホームページ
http://meleap.com/

Pocket
LINEで送る