ファーウェイ、2018年FIFAワールドカップおよび2020年万博に向けた5Gネットワーク計画を発表

Pocket
LINEで送る

世界有数のICT(Information and Communications Technology:情報通信技術)ソリューション・プロバイダであるファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、ロシアの大手移動体通信事業者であり、モバイル・データ通信ではトップのMegaFon(メガフォン)と第5世代携帯電話(5G)サービスに関する覚書を締結し、ロシアにおける5Gサービスの早期導入に合意したことを発表しました。


この覚書に基づき、ファーウェイとMegaFonの両社は、2018 FIFAワールドカップに向け、5G試験ネットワークを構築していきます。ロシアの主要11都市で開催される2018 FIFAワールドカップには、ロシア招致委員会の予測では世界各国から100万人以上のサッカー・ファンが訪れる見込みです。

MegaFonは今後、ロシアの移動体通信事業者として初めて通信規格の策定に関わり、ロシアの通信市場や周波数帯域、地形などの実態に基づいてロシア特有の技術的要件を提案していきます。ファーウェイはMegaFonの提案を踏まえ、新たな通信規格向けのパイロット装置を同社のネットワーク上でテストしていきます。

両社の5Gネットワーク試験はロシア初であるだけでなく、大規模な人数のユーザーとM2M(Machine to Machine:マシン・ツー・マシン)デバイスを対象としたテストとしても初めてのものとなります。5Gサービスで期待されるユーザー・エクスペリエンスを確実に検証するために、ファーウェイは5G用に設計されたSCMA(Sparse Code Multiple Access:疎コード多重アクセス)のほか通信、全二重通信、クラウド・ベースの基地局など、最新のモバイル技術を導入するとともに、試験ネットワークで利用可能な5G対応端末を提供する予定です。

今回の共同プロジェクトは、ファーウェイとMegaFonの強固なパートナーシップに加え、5G技術のイノベーションにおけるファーウェイの実績、6,910万人もの契約者ベースを保有するMegaFonのロシア市場でのリーダーシップと最高品質のサービスを追求する方針によって実現されました。

ファーウェイは既に未来の基地局技術を使用して115Gbpsという記録的なデータ通信速度を達成しているほか、5GIC(5G Innovation Centre:5Gイノベーション・センター)と共同で世界初の5Gテストベッド構築プロジェクトを発表しており、ファーウェイが今後提供する5G関連ソリューションの信頼性が、この5Gテストベッドにより確保されることとなります。

ファーウェイは同時に、2020年ドバイ万国博覧会に向け、中東、アフリカ、アジアにおける大手通信事業者であるEtisalat(エティサラート)と共同で5Gネットワーク計画を行うことも発表しています。

【ファーウェイについて】

ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)は、世界有数のICTソリューション・プロバイダーであり、1987年に中国・深�祁(シンセン)に設立された従業員持株制による民間企業です。「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンのもと、お客様志向のイノベーションとパートナーシップにより、通信・企業ネットワーク、端末、クラウド分野にわたり、お客様の競争優位性を高めるエンド・ツー・エンドのICTソリューション・ポートフォリオを確立しています。ファーウェイの15万人におよぶ従業員は通信事業者、企業、消費者の皆様へ最大の価値を提供すべく尽力しており、競争力の高いソリューションとサービスを170か国以上で提供し、世界人口の3分の1にもおよぶ人々のICTソリューション・ニーズに応えています。

日本法人(ファーウェイ・ジャパン)は2005年に設立され、日本市場のニーズに応えるべく幅広い製品ならびにサービスを提供しています。詳しくは、当社ウェブサイト:www.huawei.com/jp/、フェイスブック:www.facebook.com/HUAWEI.JAPAN、ツイッター:twitter.com/HUAWEI_Japan_PR、LINE:‘ファーウェイ’で検索、YouTube:http://www.youtube.com/user/HuaweiDeviceJPをご覧ください。

Pocket
LINEで送る