ネクストジェン ソフトウェアSBCの提供を開始 ~ハードウェアの制約から解放された、完全ソフトウェア化を実現~

Pocket
LINEで送る

株式会社ネクストジェン(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員 社長:大西 新二、以下 ネクストジェン)は、このたび、ソフトウェアSBC(Session Border Controller)製品NX-B5000の提供開始を発表いたします。
これにより、これまで提供していた海外製品と併せて、豊富なSBCソリューションのラインナップを有することになりました。


NX-B5000は、VoIP(Voice over IP:音声通信をIPプロトコル上で行う技術)ネットワークで利用される電話の呼処理及びゲートウェイ装置で、NAT※1機能によるIPアドレス変換、音声が通るポートの動的制御(ファイアウォール機能)、DoS※2攻撃に対する防御、マルチプロトコル対応、SIP※3差分吸収とルーティング、帯域制御、ロードバランス機能、呼処理を継続した上での冗長性、トランスコーディング等の各種機能を備えており、国内通信事業者に多数の商用導入実績があるSBCです。

従来の製品では、音声処理に一部ハードウェアを使用しておりましたが、昨今のVoIPサービスの広がりとSDN/NFV※4の対応を見据え、このたび汎用IAサーバー上で動作する、完全なソフトウェア製品での提供に至りました。

【NX-B5000ソフトウェアSBCの特長】
・運用中のSIPソリューションを変更することなく、他装置との相互接続を実現
・SIP信号処理と音声処理を分離したアーキテクチャで、シングル構成から分散構成まで対応
・ハードウェアの機能や保守・サポート制限にとらわれず、柔軟な運用が可能
・自社製のSIPスタック採用により、迅速な対応と保守サポートを実現
・従来の機能を踏襲しており、新規の導入だけでなく既存製品のリプレースにも対応
・キャリアグレードの高い信頼性を確保

NX-B5000製品ページ
https://www.nextgen.co.jp/solution/carrier/smartphone/sbcnx-b5000.html

※1 NAT:Network Address Translation…IPアドレスを別のIPアドレスに変換する技術
※2 DoS:Denial of Service…サービスを妨害・停止させるもの(攻撃)
※3 SIP:Session Initiation Protocol…IP電話などに使用される通信プロトコル
※4 SDN:Software-Defined Networking…ソフトウェアによりネットワークを動的に制御すること
NFV:Network Functions Virtualization…ネットワーク機器の仮想化を実現すること

【株式会社ネクストジェンについて】
ネクストジェンは創業以来、VoIP(ヴォイスオーバーIP)のエキスパートとして、大手通信事業者のシステムを支えてきました。通信事業者向けの大規模IPセントレックスの構築や、IP電話システムの相互接続等、先駆的なソリューションを提供し続けております。また、昨今はクラウドとスマートフォンを活用した、大手通信事業者と連携したクラウドPBXサービスや、企業向け通話録音管理システムのリリース、世界でもあまり類をみないSIP/VoIPセキュリティ診断サービスも提供しており、通信事業者向けソリューションだけでなく、一般法人向けソリューションとサービスも充実させております。
コーポレートサイト: http://www.nextgen.co.jp/

Pocket
LINEで送る