ニューロネット、ビデオチャットも可能なコールセンター 『Moshi Moshi Interactive』ver 3をリリース

Pocket
LINEで送る

東京、2017年2月28日 – Web会議/テレビ会議/スマホで見えるコンタクトセンターをSaaS・ASPで提供しているニューロネット株式会社 (東京都町田市、前川博文社長、042-785-4737 http://www.neuronet.co.jp )は、同社の人気製品のひとつである映像型WebRTCコンタクトセンター『Moshi Moshi Interactive』の新バージョンをリリースすることを発表しました。

Moshi Moshi Interactiveは、ビデオチャットを通じて顧客とリアルタイムの会話が可能な映像型クラウドコンタクトセンターソリューション。音声のみで顔が見えないコールセンター界の常識を180度覆す画期的な製品で、音声通話に加えて映像と文字チャットでのコミュニケーションが可能。お客様とエージェントがお互いの顔を見ながら通話できるため、会話内容の理解度や企業に対する信頼度がぐっと高まります。

通常のカスタマーサポートは、顧客が企業のWebサイトを開いてコールセンターの連絡先を調べ、自ら電話をかけるかメールやお問い合わせフォームで連絡するという手段が主流でした。その点、Moshi Moshi Interactiveならお客様は「Webページのボタンを押すだけ」で直接コールセンターに連絡することができ、迅速なサービス享受が可能となります。

バージョン3での新機能
Moshi Moshi Interactive ver 3で追加される新機能とそのメリットは以下のとおりです。

  • 新機能「PBX連携」 – 従来の電話型コールセンター(PBX)に、Moshi Moshi Interactive のビデオチャット・ビジュアル機能を追加可能
  • Web接客機能の強化 – 上記の映像通話に加え、現在お客様が導入済みのコールセンターで以下のような機能が利用可能に
  1. テキストチャット/ビデオチャット
  2. ブラウザ共有/画面共有/アプリ共有や資料共有を用いた、より視覚的なプレゼンテーション
  3. お申し込みなどのクロージングを促進する「入力フォーム共有」機能。
  4. フォーム入力は、お客様側からもエージェント側からも双方向同時入力可能でお客様の入力負担を低減できます。
  5. スマートフォン・タブレット対応
  • その他便利機能 – PBX連携を皮切りに、各種ソーシャルサービス、またあらゆる顧客チャネルを繋ぐオムニチャネルプラットホーム戦略を展開予定

製品の詳細およびより詳しい導入効果については、以下の連絡先までお問い合わせください。

【ニューロネットについて】
2002年設立。Web会議SaaSサービス「SaasBoard」や映像型コンタクトセンター「Moshi Moshi Interactive」など、ITを通じて人と人との触れ合いを促進する各種製品およびサービスの開発・提供を行っています。2016年には小池百合子・東京都知事より「世界発信コンペティション 東京都ベンチャー技術特別賞」を受賞。
その他の表彰実績は: http://www.neuronet.co.jp/casestudy_AwardWin.html

Pocket
LINEで送る