デジタルマーケティング運用支援サービスを提供開始 ~200種類以上のマーケティングツールから、予算や目的に合わせて最適なツールの設定、導入、運用を総合的に支援します~

Pocket
LINEで送る

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「ソフトバンク C&S」)は、デジタルマーケティングを活用したい企業などに対し、目的に応じた戦略策定からマーケティングツールの導入、運用までを総合的に支援するサービスの提供を開始します。


スマートフォンの普及などにより顧客行動の起点がWebに集約される中、デジタルマーケティングの重要性が増しています。現在、ソフトバンクC&Sでは、200種類以上のデジタルマーケティングツールを取り扱っていますが(2017年4月現在)、企業によってはどのツールを選んでよいかわからない、人員が限られているので適切なツールの選択・導入ができない、導入してもうまく使いこなせない、成果が見えないといった悩みや課題が挙げられています。

ソフトバンクC&Sでは、これまでディストリビューターとして多数のマーケティングツールを取り扱う中で蓄積された、ツール選定のポイントや導入企業の成功事例などのノウハウを生かし、企業のマーケティング課題に合わせた適切なツール選定からシナリオ設計、運用代行、結果分析までをトータルに支援いたします。

※掲載されているツールは一例です※掲載されているツールは一例です

 

■ 主なサービス内容
1. 戦略設定
現状の課題を洗い出し、企業のデジタルマーケティングの戦略を構築
2. ツール設定、導入
予算や目的に合わせて最適なツールを提案、導入を支援
3. 運用支援
効果の最大化に向けて、コンテンツ制作やソーシャルマーケティングなどのPDCAの高速化を実現

■ サービスの詳細
https://www.marketingbank.jp/marketingconsulting/

■ サービスに関するお問い合わせ
ソフトバンク コマース&サービス株式会社
新規事業推進統括部 マーケティングバンク推進室
SBCASGRP-marketingbank2@g.softbank.co.jp

・ OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。
・ SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・ その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

Pocket
LINEで送る