アプリ開発/制作のゆめみ、日本初!VRコンテンツ作成教材、VR Studiesを無償で公開

Pocket
LINEで送る

株式会社ゆめみ(本社:京都府京都市、代表取締役 片岡 俊行、以下ゆめみ)は、VRコンテンツ作成教材、VR Studies(以下、VR Studies)を無償で公開し、どなたでも簡単にVRコンテンツを作成/学習し、仮想現実を身近に体験できる環境を提供致します。

 

 

■VR Studies概要
VR Studiesは、VR(Virtual Reality:仮想現実)のコンテンツ作成についての教材で、
VRプログラミングの基礎を学ぶためのサンプルプログラムです。これらのプログラムを通して、VRアプリ開発における基本的な入力UIと移動UIの実装方法を解説しています。

■VR Studies 公開ページ
https://github.com/yumemi-inc/vr-studies/wiki

■VR Studies 公開について
2016年はVR元年といわれ、国内ではVRコンテンツ市場が27億円となる見通しであり、5年後の2021年度には、VRコンテンツ市場は同26倍の710億円に達する予測です。※1
また世界市場規模でも、ARと合わせた2016年世界市場規模は52億ドル(約5,220億円)、2020年に1,620億ドル(約16兆円)市場になると予測されています。※2

今後VRはゲームのみに留まらず、不動産や小売、教育、ヘルスケア等での活用が期待されており、企業は多くの消費者に多様でリッチな体験を提供できるようになります。

新規顧客獲得、顧客満足獲得の為にサービスを充実化させていくには、企業のエンジニアだけでなく、マーケティング、営業、広告宣伝などのビジネスにおける消費者との接点を考える立場の方々も、VRについて理解を深めていく事が必要です。

ゆめみは、VR Studiesを無償で提供する事で、多くの方にVRを身近に感じてもらい、企業のサービス充実化の支援を行うだけでなく、VR市場の発展、拡大に貢献したいと考えております。

■VR Studies内容詳細・言語
HTC-VIVE、Unity
Unityの使い方を理解しているエンジニアであれば1週間程、Unityに慣れていないエンジニアでも2〜3週間程度で基本部分を終えられるようになっています。
(Unity自体の使い方については、この教材には含まれておりません。)
また、テキストをご覧頂くだけでも、この教材でどのようなことが可能になるかをご理解頂けます。※3

今後もゆめみは、究極のOne to Oneコミュニケーションの実現を目指して、高いクリエイティブ・技術力を武器に、「Quality & Agility(高品質と機動性)」で、デジタルマーケティングの発展に貢献し、世の中に価値を提供できるよう邁進して参ります。

※1:米IDC調べ
※2:MM総研調べ
※3:実際に動作するには、HTC VIVEが必要です。
https://www.vive.com/jp/product/
また、VIVEを動作させるためには、VR Ready PCが必要です。上記Webサイトより、必要スペック等の詳細をご確認ください。

【株式会社ゆめみについて】
■会社概要
設立年: 2000年1月
資本金:275,175,000円
代表者名: 代表取締役 片岡俊行
所在地: 京都府京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地COCON烏丸 4階
事業内容:モバイルサービスを主とした受託開発・制作・コンサルティング
オムニチャネルを中心としたデジタルマーケティング支援、サービス運用代行/自社サービス運営
URL:https://www.yumemi.co.jp/ja

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社ゆめみ
担当者名:高橋
TEL:03-5432-5801
Email:info@yumemi.co.jp

Pocket
LINEで送る