アドアジアホールディングス、パララックスを活用した縦型モバイル動画広告の提供を開始 〜「AdAsia Video Network」のアウトストリーム広告に新たな動画フォーマットを追加〜

Pocket
LINEで送る

アジアでインターネット広告事業を展開するAdAsia Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:十河宏輔、以下:アドアジアホールディングス)は、東南アジア各国のローカルパブリッシャーと協働して開発した独自の動画配信特化型アドネットワーク「AdAsia Video Network」のアウトストリーム広告に、新たにパララックスを活用してモバイル最適化した縦型動画広告フォーマット(以下、Parallax広告)を導入しましたことを本日発表いたします。

■Parallax広告について
アウトストリーム広告は通常テキストコンテンツ上に配置され、ユーザーの閲覧箇所に合わせて自動的に最適な位置に最適なタイミングで表示することができます。そしてParallax広告では縦型動画広告に加えてバッググラウンド付き縦型動画や、シンプルなスクエア型にも対応しております。

Parallax広告デモサイト
https://adasiaholdings.com/demo/parallax-mobile/

現在、アジアでの旺盛なスマートフォン需要やユーザーの端末利用時間の増大を背景に、広告主のモバイル動画広告需要は急速に拡大しております。一方で動画広告キャンペーンの実施にあたっては、キャスティングや動画制作、広告配信枠の確保など広告主は複数の作業を複数のベンダーと進める必要があり、動画広告キャンペーンを展開するにあたって大きな障壁となっておりました。アドアジアでは「AdAsia Video Network」に加えて「CastingAsia」「AdAsia Video Production」「AdAsia Digital Platform」を提供しており、キャスティングから動画制作、動画配信、レポーティングまでのワンストップ・ソリューションを実現しております。

CastingAsiaについて http://casting-asia.com/
インフルエンサーマーケティングプラットフォーム「CastingAsia」を通じて、広告主・広告代理店は以下の機能を活用することが可能となります。
1. キャンペーン目的に沿ったインフルエンサーの検索
2. フォロワー数・男女比等・カテゴリの分析を通したインフルエンサーの選定
3. インフルエンサーとのキャンペーン内容に関するコミュニケーション
4. インフルエンサーによるマーケティングキャンペーンの実行
5. インフルエンサーによって発生したエンゲージメント等の効果測定・レポーティング

AdAsia Video Productionについて
AdAsia Video Productionは通常の動画制作に加え、ドローンまたは360度カメラによる撮影にも対応しており、広告主様のあらゆる動画やアニメーション制作ニーズに対応しています。制作した動画広告は、AdAsia Video Networkだけでなく、YouTubeやFacebookなど他のアドネットワークへの配信が可能です。

AdAsia Digital Platformについて
AdAsia Digital Platformは、プログラマティックバイイング及びレポーティング機能を一つのダッシュボードで管理できる広告プラットフォームです。複数のDSPやアドネットワーク、東南アジアのプレミアムメディアを束ねたAdAsia Ad Networkへの広告配信が可能です。

■今後の展望について
2016年内に、AdAsia Video Networkを導入する広告社数は100社、メディア数は50媒体を見込んでおります。また、今後も動画広告関連の新たなプラットフォームを複数リリースしてゆき、さらなるオンライン動画広告市場の創出を目指します。

【会社概要】
会社名:AdAsia Holdings Pte. Ltd.
代表取締役社長:十河 宏輔
所在地:34F, 77 Robinson Road, Singapore 068896
事業内容:インターネット広告事業・次世代広告プラットフォームの開発・インフルエンサーマーケティング事業
URL: https://adasiaholdings.com/ 

Pocket
LINEで送る