アトラシアン、エンタープライズ向けGit製品を強化  フォーチュン500企業の3社に1社がBitbucketを使用  前年比80%の顧客数増加 プロフェッショナルチームによる Gitの大規模使用を支援する新機能を追加

Pocket
LINEで送る

米国カリフォルニア州サンフランシスコ発 – Atlassian(以下 アトラシアン、CEO兼共同創業者:Scott Farquhar、Mike Cannon-Brookes)は、本日、プロフェッショナルチームによるGitの大規模使用を支援する新機能を発表しました。また、現在、フォーチュン500企業の3社に1社が使用しているBitbucketへと、ソースコード管理製品のブランドを統合したことを発表しました。


「当社のソースコード管理製品は、いずれもエンタープライズにおいてGitの使用規模を拡大する際の課題を解決するために一から開発しています」と、アトラシアンの開発ツール担当VPゼネラルマネージャー Eric Wittmanは述べています。「昨年、Bitbucketの顧客数が約2倍に増加したことにより、私たちがこの分野に注力していることが正しいとわかりました。当社は、あらゆる規模の組織が躊躇なくGitを選択できるように、さらにエンタープライズ規模の拡張性を持った機能を導入します」

本日公開の新しいBitbucketファミリーで実装予定の機能では、プロフェッショナルチームがエンタープライズにおいてGitをさらに拡張し、より大規模で運用しやすくなります。新機能には以下が含まれます。

・Git Mirroring
分散したチームメンバーのパフォーマンスを向上
・Git Large File Storageのサポート
あらゆる種類、あらゆる大きさのファイル上での協同作業が可能
・Project
複雑なリポジトリ構造の整理

これらの新機能は、プロフェッショナルチームがより簡単に協業し、迅速にソフトウェアを提供できるようにするイノベーションを提供してきたアトラシアンの歴史をさらに推し進めます。その結果、プロフェッショナルチームがこれまで以上に協力し、より速くソフトウェアを完成できるようになるでしょう。以前のイノベーションとしては、ソースコード管理システムの連続稼働時間を保証するアクティブ-アクティブクラスタリング、小規模チーム用の無料エンタープライズグレード製品、サードパーティ製アドオンの発見と配布を可能にする初のマーケットプレイスなどがありました。

「当社の開発者は世界中に分散していますが、Bitbucketのおかげで彼らはずっと連携しながら顧客に強力なソリューションをお届けしています」と、リアルタイム・オペレーショナルインテリジェンス用の主要ソフトウェアプラットフォームベンダーであるSplunkのチーフ・インフォメーション・オフィサー Declan Morrisは述べています。「Bitbucketを導入して以来、従来の3倍近いコードレビューを終えられるようになったため、当社の開発者が最も得意とすること、つまり、顧客により良いソリューションを構築することに時間を使うことが出来るようになりました」

■Bitbucket:プロフェッショナルチーム向け統一ブランド
プロフェッショナルチームのニーズに合う協同作業用コード管理ソリューションを見つけやすくするため、アトラシアンは、同社のGit製品群をBitbucketの名前の下に統一しました。Bitbucketには、あらゆる規模のチームや要求に適応できるアトラシアン製品が揃っています。

「Bitbucket Cloud」(旧Bitbucket)は完全に管理されたマルチテナント型サービスで、自前のインフラを管理するために付帯的コストをかけたくない組織が使用します。また「Bitbucket Server」(旧Stash)は、既存のインフラ上やホスト型インフラプロバイダー(アマゾンウェブサービスなど)を利用してデプロイ可能なため、あらゆる事業環境に適応します。「Bitbucket Data Center」(旧Stash Data Center)は、ソースコード管理システムに高可用性と圧倒的な拡張性を提供するデプロイメント オプションです。数千人の開発者と数百の継続的インテグレーションサーバーを持ち、高負荷時にも連続稼働を必要とするような大企業に特に適しています。

顧客成長率が前年比80%となり、今ではあらゆる規模の企業、例えばSamsung、Splunk、Netflix、Barclays Capitalといった大企業から、Pinger、Metromile、KaazingなどのスタートアップまでもがBitbucketを使用しています。

またアトラシアンは合わせて、BitbucketがJIRA CloudユーザーにとってのNo.1 Gitソリューションであることも発表しました。

■プロフェッショナルチームのためのGit
Gitは本来、アジャイルで分散していて、自分の組織固有のニーズに合わせて安全で拡張可能なワークフローを必要とするようなプロフェッショナルチームのために開発されたわけではありません。
しかし以下の3つの理由から、Bitbucketはプロフェッショナルチームに最も利用されるGitソリューションとなっています。

・コラボレーション – Bitbucketでは、プルリクエストやインラインコメント、権限付きワークフローなどの機能を使用することで、チーム内の協同作業がより簡単になります。
・スケーラブル – Bitbucketは大規模に拡大できる唯一のコラボレーション可能なGitソリューションで、アクティブ-アクティブクラスタリングやミラーリング、さらに柔軟なデプロイメント モデルも有しています。
・拡張可能 – JIRAなどの頻繁に使用するツールと統合し、課題やソースにまたがる追跡が可能です。さらに、カスタム機能やAtlassian Marketplaceで豊富に用意されているサードパーティ製アドオンのインストールも可能です。

■エンタープライズグレードのサポートとサービス
アトラシアンはAtlassian Enterpriseを提供しています。これにはPremier Supportと戦略サービスが含まれ、より大規模の事業でアトラシアンのアプリケーションを最大限に活用するための支援を行います。さらに、アトラシアンのエキスパートパートナーがアトラシアンの全製品ラインに習熟し、複雑な事業ソリューション デプロイメントやカスタムプラグイン開発から徹底した製品トレーニングまで、幅広いサービスを提供します。

「当社では、バックアップを行うために毎晩ある製品をオフラインにする必要がありましたが、もっと良い方法があるだろうと考えていました」と、ニュアンスコミュニケーションズの技術部長 Matt Sheltonは述べています。「当社担当TAM(テクニカル・アカウント・マネージャー)の提供してくれた製品アドバイスによって、300人を擁する1部門が、毎晩約4時間節約することが出来ました」

■価格と入手方法
Bitbucketの製品ファミリーは現在、手頃な価格でエンタープライズ向けの機能を提供しています。5人までの小規模チームでは「Bitbucket Cloud」が無料で利用可能です。「Bitbucket Server」と「Bitbucket Cloud」の価格は10ドルからとなっています。また、「Bitbucket Data Center」の価格は2万4千ドル/年からとなっています。

■アトラシアンについて
アトラシアンは全てのチームの可能性を引き出します。アトラシアン製品を用いて、チームはコラボレーションを行い、ソフトウェアを開発し、彼らの顧客により良いサービスを提供しています。Citigroup、eBay、コカ・コーラ、Netflix、NASAを含む、大規模から小規模まで50,000以上の組織が、アトラシアンの課題管理、コラボレーション、コミュニケーション、サービス管理、製品開発を用いて、賢く働き、時間通りに高品質の仕事を完了させています。JIRA、Confluence、HipChat、Bitbucketを含む製品の詳細は下記サイトをご覧ください。
http://www.atlassian.com/ja

Pocket
LINEで送る