cloudpack、MVNOデータ通信SIMでIoT/M2Mデバイスをクラウドの閉域網に接続するサービス 『IoTpack』を提供開始

Pocket
LINEで送る

cloudpack(クラウドパック、運営:アイレット株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:齋藤将平)は、MVNO(仮想移動体通信事業者)のデータ通信SIMを搭載したIoT/M2Mデバイスをインターネットを経由せずに、AWS(アマゾン ウェブ サービス)クラウドによる専用の閉域網に接続するサービス『IoTpack(アイ・オー・ティーパック)』を開始します。

データ通信SIMには、株式会社ソラコム(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:玉川憲、以下ソラコム)が提供するIoT/M2Mデバイス向けデータ通信SIMを採用し、同社が提供する『SORACOM』プラットフォームとAWSクラウドを相互接続し、閉域網の運用をcloudpackが行います。また、cloudpackはIoTpackの提供開始と同時に、ソラコムが開始するパートナープログラム「SORACOMパートナースペース(SPS)※」に参加し、MVNOによる新たな事業機会の創出とビジネス拡大を図ってまいります。

 

■IoTpackの主な特長
1.   IoT/M2Mデバイスおよびスマートデバイスは、Amazon VPC Peeringを通じてAWSによる閉域網に接続することが可能。データ通信はすべてセキュアな閉域網内で行うことが可能。
2.   IoT/M2Mデバイスが収集するセンシングデータをセキュアに収集し、業務データやログデータとあわせてAWSによる分析基盤を構築可能

 

■IoTpackによるスマートデバイスの活用例
「SORACOM Air」のデータ通信SIMを装着したスマートデバイスは、ソフトウェアで実装されたクラウド上のパケット交換機能と通信キャリアのネットワークが接続されているため、IoTpackによる閉域網の中で、セキュアな持ち運びが可能な内線電話端末として利用することが可能になります。

スマートデバイスに対して、専用コンソールからさまざまな管理を行うことが可能です。
・業務時間帯にだけ発着信を可能にする内線電話
・予算計画に応じてデータ通信量を制限する帯域コントロール
・限定したサーバーにのみアクセスを可能にするアクセス制御機能
・デバイスの利用状況の把握と、通話内容の録音機能

大がかりな設備投資をせずにオフィスコミュニケーションに必要なインフラを導入することができ、セキュア在宅ワークの実践やモバイルワークを推進することが可能になります。

cloudpackはソラコムとの連携を強化しながら、モバイルにおける通信回線スピードと安定性、そしてインフラにセキュリティ向上をもたらすIoTpackを通じて、お客様へのさらなるクラウドの活用提案と、より先進的なソリューション開発を進めてまいります。

以上

◎IoTpackサービス紹介ページ
http://cloudpack.jp/service/option/iotpack.html

※ SORACOMパートナースペース(SPS)
ソラコム社が提供する「SORACOM」に関するパートナープログラム。SPSデバイスパートナー、SPSソリューションパートナー、SPSインテグレーションパートナーなどに分類され、「SORACOM」に関する技術資料や、専門のトレーニング、マーケティング支援などのサポートが提供される。

【参考:cloudpackについて】
cloudpackは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)やAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)をはじめとするAWSの各種プロダクトを利用する際の、導入・設計から運用保守を含んだフルマネージドのサービスを提供し、バックアップや24時間365日の監視/障害対応、技術的な問い合わせに対するサポートなどを行っております。2013年6月4日には、AWSパートナーネットワーク(APN)(※1)において、日本初のAPNプレミア コンサルティングパートナーの一社として認定されたのをはじめ、その後3年連続で認定されています(※2)。

運営会名:アイレット株式会社 http://www.iret.co.jp/
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1虎ノ門ヒルズ森タワー7階
資本金:7,000万円
事業内容:クラウド導入事業、モバイルアプリケーション開発事業、システム開発・保守事業、
サーバーハウジング・ホスティング事業

(※1)AWS パートナーネットワーク(APN)とは、AWSのエコシステムを支える重要な独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaS
ベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーやシステムインテグレーター(SI)、戦略コン
サルタント、リセラー、代理店、VARによって構成されております。

(※2)日本初の3年連続での認定は、日本企業ではアイレット株式会社と株式会社野村総合研究所のみです。

Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon EC2、Amazon S3、およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。cloudpack、クラウドパックの名称は、アイレット株式会社の登録商標です。

Pocket
LINEで送る