スマホと住まいがつながる。毎日の暮らしを快適にするIoTサービスROBOTTA(ロボッタ)を開発

Pocket
LINEで送る

クラスコテクノロジー(以下、クラスコ)は、IoTサービス「ROBOTTA(ロボッタ)」を開発しており、2018年春に商品化予定であることをご報告いたします。

■ ROBOTTAとは?
クラスコが開発中のIoT(Internet of Things)サービスの名称で、話しかけるだけで様々なことが可能な音声認識やスマートフォンによる遠隔操作ができます。各種センサーを用いて防犯(遠隔からの侵入者感知、照明やカーテン操作による留守・在宅の演出)と暮らしの利便性(各家電の自動操作)を向上します。
今後は入居者と不動産管理会社がアプリで連絡を取れるシステムも導入予定です。トラブル連絡や掲示板としての活用、スマートロックによるセルフ内見など、双方の手間を削減出来る機能を拡充します。不動産仲介・管理業務の大幅な業務効率化と、入居者の豊かな暮らしを目指します。
不動産管理会社や物件オーナーに加え様々な業界に販売予定です。現在、石川県金沢市内にモデルルーム1室を構え試作品を公開中です。
特設サイト:https://www.crasco-consul.com/robotta

[ 現時点のROBOTTAモデルルーム設備 ]
電動カーテン、テレビ・オーディオ・照明・エアコンの自動操作、室温・人感・開閉センサー ※近日中にお掃除ロボット導入

■ 開発背景
経済産業省は国内新築住宅市場は今後縮小傾向であり、新たなビジネスモデル創出による住宅産業の成長促進が必要と発表しており、その影響として既存住宅活用事業が活発化してきました。 同時に、新たな住宅ストック事業として注目されるのが住生活サービス事業であり、IoT・ビッグデータ、AIの活用が挙げられます。クラスコでは入居者の生活利便性向上と事業領域拡大を目指し、ROBOTTAの開発を決定しました。
(参照:平成 28 年度住宅における IoT/ビッグデータ利活用促進に関する検討会報告書 )

ROBOTTA機能(※今後の開発予定含む)
・スマートロック(オートロック&スマホで施錠操作)
・ウェブカメラ(不審者の侵入確認、ペット監視)
・人感センサー(不審者の侵入確認)
・開閉センサー(不審者の侵入確認)
・室温センサー(自動温度調整)
・家電制御(照明、テレビ、オーディオ、エアコン)
・電動カーテン(開閉)
・シーン登録(場面による室内環境の一元管理)
・入居者管理システム(アプリ内チャット)
・AIスピーカー「Amazon Echo」との連携

【会社概要】
会社名 : 株式会社クラスコテクノロジー
代表取締役社長 : 小村典弘
URL : http://www.crasco.jp/
資本金 : 1億6,710万円 (グループ全体)
所在地 :
金沢本社  〒920-0024 石川県金沢市西念4丁目24-21
TEL 076-222-1111 FAX 076-264-9156
銀座オフィス 〒 104-0061 東京都中央区銀座5-14-5 光澤堂GINZAビル7F
TEL 03-6833-5500 FAX 03-6675-9004
事業内容 : ​システム・アプリケーション・ソフトウェアの企画、開発、設計、製造、保守及びこれらの仲介、情報処理サービス及び情報提供サービス

Pocket
LINEで送る