動画マーケティング支援のViibar、VR(バーチャルリアリティ)に関する意識調査を実施 VRで最も体験したいコンテンツは「観光」

Pocket
LINEで送る

動画マーケティングを支援する株式会社Viibar(読み:ビーバー、本社:東京都品川区、代表取締役:上坂 優太)は、20代〜60代までの男女1,207名を対象にVR(バーチャルリアリティ)に関する調査を行いました。調査の結果、VR(バーチャルリアリティ)で最も体験したいコンテンツは「観光」であること、およびVRを経験すればするほどよりハマっていく傾向があること、利用シーンとしては、テレビ、PC、スマホ等を使用し自宅で利用してみたいと考えているということがわかりました。

今年2016年はVR元年と言う声も多く、様々なVR関連サービスが生まれています。まだ6割以上の人がVRを体験したことがない一方で、家庭用VRヘッドセット等の機器も次々と発表されています。VR未体験の人は5,000円未満での機器購入を望む一方、VRを一度体験した人は、10,000円〜30,000円での購入を考えており、VRを体験するきっかけを作ることが普及の鍵であることが判明しました。また、VR体験のきっかけの約半数がテレビやイベントとなっており、今後、VRを気軽に体験できるイベントや報道等の増加が普及を後押しすることが期待されます。

【調査結果のサマリ】
1. VRで一番体験したいコンテンツは「観光」。2位以下は、「エンタメ」、「音楽」、「アニメ」が次に続いています。

体験したいVRコンテンツ

観光のVRコンテンツのご参考
360度VR技術を使ったJALの国際線機材『JAL SKY SUITE』の説明動画、Viibarで制作
http://viibar.com/press/160217c

2. 家庭用VRヘッドセットなどのVR機器に関し、VR経験者は未経験者よりも価格の許容度が高く、VRを経験すればするほどよりハマっていく傾向にあるようです。

許容価格 体験済み

許容価格 未体験

3. VRを使いたいシーンとしては、「自宅」が最も多く、テレビ、PC、スマホ等を利用して気軽に使ってみたいと考えられていることがわかります。

VRを使いたいシーン

 

4. 6割以上がVR未体験であることがわかりました。

体験未体験

5. 約半数が、VR体験のきっかけはテレビやイベントであると回答しました。1位、2位の合計47.3%

VR体験のきっかけ

6. VR経験者が体験したことのあるVRコンテンツの種類、ベスト3は「アトラクションやVR体験施設」、「映画」、「ゲーム」で、「プロジェクションマッピング」「オンライン動画」はそれぞれ4位、5位となりました。

体験したことのあるVR

 

7. 約半数が、「値段が安い、または無料で体験できる」場合には体験してみたいと答えており、体験するきっかけが肝となっていることがわかります。(単位:パーセント)

どんなことがあればVR体験したいか

 

*尚、本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、調査主体である株式会社Viibarの記載をお願いいたします。

■動画マーケティングを支援する「Viibar(ビーバー)」とは
「クリエイティビティの新しい市場をつくる」というミッションのもと、国内最大級 3000 人超のプロクリエイターをネットワークする動画制作クラウドを 2013 年 10 月より提供。クライアントとクリエイターのマッチングだけでなく、動画の企画から制作サポート、配信までをワンストップで提供する動画マーケティングのパートナーです。

■株式会社Viibar 会社概要
社名   :株式会社Viibar(読み:ビーバー)<http://viibar.com/company>
本社   :東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル5階
代表者  :代表取締役 上坂 優太
設立   :2013年4月
事業内容 :動画制作クラウド事業・動画マーケティング事業

■本リリースに関する問い合わせ先
株式会社Viibar広報 近江(おうみ)
TEL: 03-6455-7933   Mail: pr@viibar.com

Pocket
LINEで送る