造業にかかわる設計者や生産技術者向けタッチパネルセミナー 2015年2月24日(火)~25日(水)に大阪で開催

Pocket
LINEで送る

株式会社デジタル(社長:安村義彦 本社:大阪市中央区北浜)は、2015年2月24日(火)~25日(水)、関西職業能力開発促進センター(ポリテクセンター関西)にて、製造業にかかわる設計者や生産技術者向けのタッチパネルセミナーを開催します。


タッチパネルセミナーは、工場の操作盤で使われるプログラマブル表示器の画面作成を担当する設計者や生産現場でのメンテナンスや改善を担当する生産技術者を対象に、画面作成と改善事例を紹介するセミナーです。現場の担当者が自分自身で画面作成や表示器を使っての業務改善をしたいというニーズに対応します。

セミナーは2部構成となっており、第1部では画面設計の基礎について、当社製画面作成ソフトウェアGP-Pro EXを使った画面作成について紹介します。第2部では表示器を活用した現場カイゼン方法について、当社製プログラマブル表示器GP4000シリーズを使った活用事例を紹介します。

当社では今後も「Pro-face for the best interface」のコーポレートスローガンに基づき、ベストなインターフェイスとなる製品の開発以外にも、社会に対してもベストなインターフェイスとなる企業活動を目指して参ります。

セミナー実施概要

コース名 : タッチパネルを活用したFAライン管理(デジタル編)

日時 : 2015年2月24日(火)~25日(水)の2日間

会場 : 関西職業能力開発促進センター(ポリテクセンター関西)

〒566-0022 大阪府摂津市三島1-2-1

定員 : 10名様

受講料 : 9,000円(2日間)

受講対象者 : PLCの基礎知識をお持ちの?

主催    : 株式会社デジタル

セミナー内容

1. 画?作成ソフトウェアを使った画?設計の基礎

・ 「画?作成ソフトウェア」の基本的な使い方・描画/スイッチ/ランプの作成方法・データ表示/入力

・ ウィンドウ表示・アラームメッセージの表示・データ収集

2. 表?器を活用した現場カイゼン

・ 異常の早期発見/対策・セキュリティの強化・見える化促進

Pocket
LINEで送る