Brocade VDXスイッチ、ネットワンシステムズが提供する「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」の検証済み機器に認定 ~両ソリューションを活用することで、イーサネット・ファブリックを利用した仮想化環境の柔軟かつ容易な構築および運用管理が可能に~

Pocket
LINEで送る

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社は本日、同社のイーサネット・ファブリック対応Brocade® VDX®スイッチが、ネットワンシステムズ株式会社が提供する高性能な仮想基盤を実現する垂直統合型アプライアンス製品「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」の検証済み機器に認定されたことを発表しました。

2015年4月28日
《報道資料》
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

Brocade VDXスイッチ、ネットワンシステムズが提供する「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」の検証済み機器に認定

~両ソリューションを活用することで、イーサネット・ファブリックを利用した仮想化環境の柔軟かつ容易な構築および運用管理が可能に~

——————————————————————————————————
【本日の発表の要点 】

  • ブロケードは、Brocade VDXデータセンター・スイッチがネットワンシステムズ株式会社が提供する「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」の検証済み機器に認定されたことを発表しました。
  • これにより、顧客はネットワンシステムズのサポートの下、両ソリューションを活用して、イーサネット・ファブリックを利用した仮想化環境の構築および運用管理を柔軟にかつ容易に行えるようになります。
  • ブロケードとネットワンシステムズは、さらにエンタープライズ、公共・文教市場へとパートナーシップを拡大。「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」への Vyatta vRouter の実装、およびvRealize Operations と VDXプラグインによる物理と仮想の統合管理の実現に際しても、緊密に協力していきます。

——————————————————————————————————

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:青葉 雅和、資本金:3億3,215万円)は本日、同社のイーサネット・ファブリック対応Brocade® VDX®スイッチが、ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行)が提供する高性能な仮想基盤を実現する垂直統合型アプライアンス製品「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」の検証済み機器に認定されたことを発表しました。ネットワンシステムズは、NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」のネットワーク・コンポーネントにBrocade® VDXスイッチの構成を組み込んだ構成での販売をすでに開始しています。

「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」は、Software-Defined ITインフラの導入や拡張を柔軟に効率化できるVMwareハイパーコンバージド・インフラ製品であるVMware EVO: RAILをベースにした、高さわずか2Uの垂直統合製品です。VMwareの技術により、仮想マシン100台や仮想デスクトップ250台を収容可能で、導入・運用・拡張の劇的な簡易化・迅速化を実現することで、仮想環境の導入コスト・運用コスト、およびビジネス機会損失コストを大幅に削減することが可能です。

このたび、Brocade VDXスイッチが「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」の検証済み機器に認定されたことで、顧客はネットワンシステムズのサポートの下、両ソリューションを活用して、イーサネット・ファブリックを利用した仮想化環境の構築および運用管理を柔軟にかつ容易に行えるようになります。

●ブロケードとネットワンシステムズのパートナーシップと今後の展望
ネットワンシステズは、ブロケードの一次販売代理店として同社のネットワーク製品を販売しており、主要なサービスプロバイダ各社を含む、多くの導入実績を持ちます。両社は緊密なパートナーシップの下、顧客への最先端ソリューションの提供で協力してきており、従来のサービスプロバイダ市場に加えて、エンタープライズ、公共・文教市場にも注力しています。ネットワンシステズとブロケードは今後、さらに「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL」への Vyatta vRouter の実装、また vRealize Operations と VDXプラグインの活用も計画しており、これにより顧客企業が物理と仮想の両基盤をシームレスに統合管理できる環境の整備を共に推進していく予定です。

*ネットワンシステムズ株式会社 執行役員 篠浦 文彦 様談:
ネットワンシステムズは、NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAILにより、ビジネスを支援する各種システムの導入・運用・拡張を劇的に簡易化・迅速化し、仮想環境の導入コスト・運用コスト、そしてビジネス機会損失コストを削減することを目指しています。ネットワンシステムズとブロケードはこれまで、クラウドや仮想化環境に最適化されたシンプルなネットワークを実現する“イーサネット・ファブリック”対応スイッチの先駆けであるBrocade VDXスイッチの国内における導入・サポートにおいて、豊富な実績を積んできました。この度、NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAILの検証済みスイッチコンポーネントとしてBrocade VDXスイッチが認定されたことで、両ソリューションの利点を一層包括的にお客様に提供できるようになります。ネットワンシステムズは、これまで以上に柔軟、かつ俊敏なITサービスの提供が可能なITインフラの構築をブロケードと共に支援していきます。

●参考情報
NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAILとBrocade VDXスイッチの詳細情報は、以下URLをご参照ください。

・NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL
http://www.netone.co.jp/wp-content/uploads/2014/09/EVORAIL_datasheet.pdf

・Brocade VDXスイッチ・シリーズ
http://www.brocadejapan.com/special/brocade-vdx/

●ネットワンシステムズ株式会社について
ネットワンシステムズ株式会社は、お客様の情報インフラを最適化することで戦略的な情報活用を促進し、ご導入頂くお客様の先のお客様への貢献も見据えて支援する企業です。そのために、常に世界の最先端技術動向を見極め、その組み合わせを検証して具現化するとともに、実際に自社内で実践することで利活用のノウハウも併せてお届けしています。(設立:1988年2月、売上高:1,424億27百万円〔2014年3月期連結〕)
詳細は www.netone.co.jp をご覧ください。

●Brocadeについて:   
ブロケード(Nasdaq:BRCD)のネットワーク・ソリューションは、アプリケーションと情報が各所に遍在する仮想化世界への移行を容易にします。詳細については、当社ウェブサイト( www.brocadejapan.com )をご覧になるか、japan-info@brocade.com までお問い合わせ下さい。

注記:ADX、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、HyperEdge、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、The Effortless Network、VCS、VDX、Vplane、およびVyattaは登録商標であり、Fabric Vision、およびvADXは、米国またはその他の国におけるBrocade Communications Systems Inc.の商標です。その他のブランド、製品名、サービス名は各所有者の製品またはサービスを示す商標またはサービスマークである場合があります。
(C)2015 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved.

Pocket
LINEで送る