Microsoft Azure 機械学習サービス、ビッグデータを活用し、一人ひとりに最適な学習を提供するクラウドサービス「EduCross+」を発表

Pocket
LINEで送る

株式会社ビナヤマト(本社:東京都千代田区)は、2015年3月から、教育系出版社・通信教育事業者が出版する参考書や問題集のデジタル化とビックデータ活用により、一人ひとりの学習者に最適化された演習問題を出題するアダプティブラーニング※1を実装したクラウドサービス「EduCross+」(エデュクロスプラス)をリリースいたします。

株式会社ビナヤマト(本社:東京都千代田区)は、2015年3月から、教育系出版社・通信教育事業者が出版する参考書や問題集のデジタル化とビックデータ活用により、一人ひとりの学習者に最適化された演習問題を出題するアダプティブラーニング※1を実装したクラウドサービス「EduCross+」(エデュクロスプラス)をリリースいたします。

スマートフォンやタブレットの急速な普及に伴い電子書籍・デジタル出版は急速に普及しており、学校教育でのICT活用をめぐっては、文部科学省が2019年に向けて児童学習者1人1台の情報端末の実現などを推進し※2、電子書籍の普及が進んでいくと予想されています。しかし一方で、教育系出版社・通信教育事業者においては学校教育に先駆けて電子書籍化や学習管理システムとの連携など新しいICT教育を推進していくに当たり、「マルチOS、スマホ、タブレット対応など多様化するICTデバイスを活用するためのシステム開発投資負担と専門知識を有した人材の不足」、「学習者の学習進捗・習熟度情報などのビックデータを活用した新たなサービスを企画したいがノウハウがない。」といった課題が指摘されています。

当社はこれらの課題を解決する総合的なクラウドサービスを自社開発に比べて安価に迅速にご提供します。「EduCross+」を利用することにより、テストや問題集、動画、音声、Officeドキュメントなどの教育系出版社・通信教育事業者が作成したデジタルコンテンツを教材としてスマートフォンやタブレットにインストールされたアプリへ簡単に配信でき、学習者はいつでもどこでも隙間時間を使って学習を進めることができます。

また、Microsoft社のクラウドサービス「Microsoft Azure Machine Learning」テクノロジー※3を活用し、クラウドに集積する膨大な学習者の学習進捗データ、習熟度データを基に一人ひとりにあった効果的な演習問題を出題する、アダプティブラーニングの実現もサポートします。

教材集のストアを簡単にWEB上に公開し販売することができるため、世界中の学習者へオリジナルの教材・メソッドを販売していくことができるようになり、事業者様の新たなビジネスモデル構築に寄与いたします。

学習者はタブレットのタッチインターフェースを使って「簡単」に操作することができます。ネットワークが接続できない環境でもオフラインで「確実」に利用できるため通勤通学時の隙間時間を活用して学習に取り組めます。教材データは暗号化し配信されるため著作権保護も万全。「安心」してご利用いただけます。

2015年3月よりサービスの提供開始を行います。教育系出版社様・通信教育事業者様の「早期導入プログラム」を本日からスタートさせ、いち早くICT化を進めたい教育系出版社・通信教育事業者様を募集し2015年中の事業サービス開始を支援して参ります。

[注]
※1アダプティブラーニング 生徒それぞれの習熟度・進捗度に合わせてカスタマイズされる学習体系のこと。
※2文部科学省 教育のIT化に向けた環境整備4か年計画パンフレットより。
※3 Microsoft Azure Machine Learning 予測分析をアプリケーションに効率的に組み込むことのできるクラウド サービス。

Pocket
LINEで送る