~人工知能(AI)で企業経営を変える~ ビズリーチ戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」をリリース  セールスフォース・ドットコムと資本・業務提携でサービス拡充を促進

Pocket
LINEで送る

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)は6月14日(火)、戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」(URL:https://www.hrmos.co/)をリリースします。また、新サービスの成長をさらに促進するため、株式会社セールスフォース・ドットコムとビズリーチは業務提携致しました。

HRMOSサイトトップ
HRMOSサイトトップ

戦略人事クラウド「HRMOS」は、人材の採用から育成、登用、評価までを最適化するクラウドサービスで、企業の人事業務における非効率をなくし、意思決定を促進できるよう人工知能(AI)がサポートします。戦略人事(経営戦略に基づく人事)の実践を通して、経営の効率化・生産性向上を目指します。

今回まず第1弾として、企業の採用管理を行う「HRMOS採用管理」をリリースし、求人作成、進捗管理、リファーラル採用(社員紹介採用)などの採用業務を効率化します。人事担当者を事務処理業務(オペレーション)から解放し、データに基づく意思決定や戦略的な業務に専念できる環境をつくりだすことで、企業が採用したい人材の獲得を可能にし、コスト削減など、人事業務の生産性を向上させます。

————————————————————————
採用コストが安くなる「HRMOS採用管理」の特徴
————————————————————————
1)リファーラル採用の効率化・促進ができる
社員紹介の受付や実績レポート、社員への求人案内を備えることでリファーラル採用をはじめとしたダイレクト・リクルーティングの促進が可能になります。また、これまでは候補者に紐づく情報が分散していたため、採用したい人材を中長期にわたってフォローすることは困難でしたが、「HRMOS採用管理」では候補者を要件別に分類・管理し、過去の応募者にも定期的にアプローチしながら採用に結びつけることが可能です。

2)採用の業務プロセスの一元管理により事務処理業務(オペレーション)から解放される
応募から選考、候補者へのメール連絡までの候補者にまつわる情報を一元管理可能です。情報を一元管理できることにより、必要な情報を探す手間や候補者とのコミュニケーションでミスを減らすことができ、人事担当者の生産性を向上させることができます。

3)データに基づいた採用活動が可能
選考実績や進捗状況をグラフで表示して、分析レポートを抽出できる機能などが実装されています。求人媒体や人材紹介会社ごとの選考実績はもちろん、面接官の評価傾向もグラフ化し、数値に基づいた選考分析、費用の投資判断が可能となります。

————————————————————————
世界シェアNo.1のCRMアプリケーション
「セールスフォース・ドットコム」と業務提携
————————————————————————
新サービス「HRMOS」の成長をさらに促進するため、ビズリーチは、クラウドベースの CRM・営業支援サービスを17万社以上に提供し、同分野では、世界一の市場シェアを誇る株式会社セールスフォース・ドットコムと業務提携致しました。業務提携により、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するクラウドサービスとの連携や技術ノウハウの融合を視野に人事向けのサービス拡充を図ります。

また、今年の3月にはセールスフォース・ドットコムのコーポレートベンチャー部門であるSalesforce Venturesによる投資を受けており、今回の資本・業務提携を通じて戦略人事業務のクラウド化を積極的に推進してまいります。

————————————————————————
「HRMOS」の今後の展開
————————————————————————
採用管理モジュールに続いて、2016年秋に「HRMOS勤怠管理」を、2017年春には「HRMOS評価管理」のリリースを予定しております。さらに、全てのモジュールが連動しながら、人工知能(AI)によって、人事担当者の意思決定を支援していく予定です。

人事関連のデータを一元管理しながら、自社で活躍する人材の行動や成果を人工知能が学習し、戦略的な人材活用をサポートしていきます。なお、「HRMOS」は3年後(2019年6月)に導入企業数、2千社以上を目標としています。

■株式会社ビズリーチ 代表取締役社長 南 壮一郎 コメント
ビズリーチは、HRテクノロジーのベンチャーとして、これまで5000社以上の採用業務を支援してきました。そのなかで多くのお客様が「採用した社員のパフォーマンスを数値化したい」「採用した社員の評価を採用業務のさらなる改善に生かしたい」と課題を持っている現実を目の当たりにしました。

営業やマーケティング業務では投資に対する効果検証を行うにも関わらず、人材採用になると、採用した人材が、3年後、5年後、10年後にどのような成果を出したかを検証している企業様はまだ多くありません。我々は、将来の採用活動に、過去の採用活動を効果検証した結果を活かし、コストや生産性の改善に役立てたいと考えています。人材獲得競争が激しくなるなか、より戦略人事の必要性は増しています。そのようななかで私達は未来の採用業務を支えるようなプラットフォームを創りたいという理念のもと、HRMOS(ハーモス)を立ち上げました。

ビズリーチではテクノロジーやデータ、また人工知能(AI)によって、より人事業務の迅速な判断をサポートし、本質的な業務に専念できる生産性の高い環境を作るべく、戦略人事クラウド事業を開始します。

■株式会社ビズリーチについて(参照URL: https://www.bizreach.co.jp/
2009年4月より、人材領域を中心としたインターネットサービス(HRテクノロジー事業)を運営。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、シンガポールに拠点を持ち、従業員数は652名
(2016年6月現在)。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」や、国内の全業種・
全職種・全雇用形態を対象にした日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」、レコメンド型の転職サイト「キャリアトレック」などを展開。

Pocket
LINEで送る