人工知能(AI)とエンターテインメントの 次世代逆求人サイト OFFER CHRONICLE(オファークロニクル) 11/1(火) オープン!新卒者向け!

Pocket
LINEで送る

株式会社トレジャー・トレーディング[所在地:大阪市西区、代表:水永将太]は、2016年11月1日(火)より人工知能( AI )とエンターテインメントを取り入れた次世代の逆求人サイト『OFFER CHRONICLE(オファークロニクル)以下、オファクロ』のサービスを開始します。

オファクロ
オファクロ

https://www.offer-chronicle.com/

弊社は新卒入社の教育を何よりも大事にし、そのメンバー達が今では幹部メンバーとして活躍しています。一方世間では、内定の辞退や入社後の早期退社などが問題として取り上げられており、弊社代表を含めたメンバーは「より多くの新卒者がマッチした会社に就職し、戦力として活躍できる世の中をつくりたい」という思いが強くなりました。そして、その目標を達成するため、日本の就活に革命を起こすべくチームを形成し、人材・イベント・IT等、各分野で活躍をしていたエキスパート逸材をメンバーに加え、今までになかった【逆求人】という求人サイトを提供していきます。 また、業界初となる学生の就活就職をサポートするアバターコンシェルジュサービス(2016年12月から 2017年1月頃サービス開始予定)にもご注目ください。

■オファクロの人工知能(AI)機能とは
今までの逆求人サイトは、ミスマッチを減らす点で効果的でしたが、「人事担当者の工数が掛かる」という事が大きな課題でした。特に複数人を採用したい場合に、検索を繰り返しプロフィールを読み込み続けるのは困難な作業です。オファクロでは、趣味・資格・性格等様々な項目を瞬時に分析する高速な学習速度を誇るAIを導入することにより、各企業にマッチする可能性が高い学生リストを表示させることが可能となりました。選出された中から学生を選定することで、採用までの工数を大幅に削減し、時間短縮をすることが出来ます。

■オファクロの逆求人とは
AIを活用し、学生から企業にアプローチをするのではなく、企業→学生にアプローチをします。就職活動では、主に学生が企業を選んでエントリーすることで面接が実現されてきました。しかし企業と学生のミスマッチが多数起きていたのが現状です。オファクロでは、AIを導入することにより、企業側が会いたいと思う学生を自発的に探し、さらにその後学生が豊富なデータを元に会社を理解してから選考を進めることが可能です。

■業界初アバターコンシェルジュサービス
(2016年12月から2017年1月頃サービス開始予定)
自分自身(就活学生)の就活をサポートしてくれる、コンシェルジュとなるキャラクター制度を導入します。髪型や目の形など、豊富なパーツを組み合わせて自分だけのデザインのキャラクターが作成可能。少しでも楽しみながら就活していただきたいと考え、エンターテインメント要素を盛り込みました。 他、今後もエンターテインメント要素の増加を予定しています。

■他、提供サービス
<ポイントサービス(就活学生向け)>
サイト内掲示板にコメントを投稿・二次面接に進む・内定をもらう等でポイント提供。
就職活動に必要なスーツや名刺入れといった、ビジネス必需品と交換可能サービス
<選考フィードバック(企業向け)>
選考を受けた就活学生の意見を企業にフィードバック
<いいね(オファーリクエスト)機能(双方向け)>
従来の企業からのオファーリクエストのみではなく、
就活学生から企業にコンタクト可能な「いいね」サービスの提供

■OFFER CHRONICLE(オファークロニクル)概要■
媒体名/
OFFER CHRONICLE(オファークロニクル)
サービス開始日/
2016年11月1日(火)
サイトURL/
https://www.offer-chronicle.com/
提供サービス/
・人工知能(AI)による企業⇔就活学生のマッチング
・双方のコンタクト機能「いいね(オファーリクエスト)」サービス
<企業側>
・AIサービス ・就活学生の意見のフィードバック
・選考フォロー ほか
<就活学生側>
・業界初のアバターコンシェルジュサービス
(2016年12月から2017年1月頃サービス開始予定)
・内定後お祝いギフト贈呈 ・会員の交流会(関西・関東)
・就職活動以外のエンターテインメントに関する情報の提供 ほか

関連サービス/
Facebook https://www.facebook.com/offerchronicle
Twitter  @Offer_Chronicle

運営会社/
株式会社トレジャー・トレーディング
http://treasure-t.co.jp/

Pocket
LINEで送る