スマートフォンによる非接触型 簡易決済システム 高齢者向け「御用聞き AI®︎」を開発

Pocket
LINEで送る

日本における高齢者の買い物難民、交通難民の課題に対し、エルブズでは京都府相楽郡南山城村地域において、高齢者向けの「御用聞きAI®」チャットアプリケーションを用いた実証実験を行ってまいりました。実証実験を通して、お弁当の購入やバス乗車で使用するスマートフォンを使った非接触型 簡易決済システムを開発し、本件に関する特許もあわせて出願いたしました。本決済システムでは複雑な操作が必要ないため、高齢者の方でも使いやすいのが特徴です。またICカードや決済専用の機器を必要とせず、スマートフォンで実現できるため、低コストで運用可能で、小さな店舗にも導入しやすいというメリットがあります。

株式会社エルブズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中秀樹、以下 エルブズ)は、 お弁当の購入やバス乗車で使用するスマートフォンを使った非接触型 簡易決済システムを開発いたしましたので、お知らせいたします。また本件に関する特許もあわせて出願いたしました。
高齢化社会になりつつある日本において、高齢者の買い物難民、交通難民の課題が顕在化しつつあります。それらの課題に対してエルブズでは、京都府最南端にある京都府相楽郡南山城村地域(以下、南山城村地域)において、高齢者向けの「御用聞きAI®」チャットアプリケーション(以下、御用聞きAI®)を用い、買い物支援や交通支援の実証実験を行ってまいりました。

買い物難民においては、ECサイトによる買物支援などが解決策として提案されておりますが、高齢者にとってはクレジットカード決済の敷居が高く、普及しにくい状況にあります。エルブズでは上記実証実験において、ICカードや決済専用の機器を使用しないスマートフォン/タブレットのみによる非接触型 簡易決済システムの開発を行い、その基礎となる技術について特許出願を行いました。

本決済システムでは、誰でも簡単に複雑な操作が必要ないため、高齢者の方でも使いやすいのが特徴です。またICカードや決済専用の機器を必要とせず、スマートフォンで実現できるため、低コストで運用可能で、小さな店舗にも導入しやすいというメリットがあります。

今後、買い物難民や交通難民の課題を抱える地域において本決済システムを使った実証実験を行う予定です。現在、ご参加いただける自治体や企業について募集をしております。詳しくは、下記ページをご覧ください。

実証実験 御協力団体様募集のお知らせ | 株式会社 エルブズ Elvez
https://elvez.jp/poc/

出願特許について
出願番号:特願2017-094490
発明の名称:決済システム、決済サーバ、決済方法及び決済プログラム
出願日:平成29年5月11日

『株式会社エルブズ』の概要
社名:株式会社エルブズ(Elvez,Inc.)
代表者:田中 秀樹(代表取締役社長)
設立年月:2016年2月26日
本店所在地:東京都渋谷区
主な事業内容:社会性エージェントサービスの提供、広告、教育、法人向けシステムコンサルティングサービス等
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

【本件に関するお問合わせ先】
株式会社エルブズ 担当 田中
TEL:070-5369-8311 E-mail:info@elvez.co.jp

Pocket
LINEで送る