「AIスタートアップ「GAUSS」、AIの画像解析・自然言語解析技術を活用したファッションEC販売会社のタグ付け業務効率化システムの実証実験を開始

Pocket
LINEで送る

株式会社GAUSS(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宇都宮 綱紀、以下「GAUSS」)は、画像および自然言語を人工知能(AI)活用して解析し、類似の商品画像から自動的に最適なタグを抽出および付与するシステム「ATS」(Auto Tagging System)を開発しました。
2017年10月末より共同開発先の株式会社ANAP及びANAPの子会社である株式会社ATLAB(以下、「ANAP」と「ATLAB」を総称して「ANAP」)が運営する「ANAPオンラインショップ」で試験運用を開始しました。
試験運用後、ATSを2018年初旬よりファッションEC販売各社へ展開する方針です。

[開発した技術の詳細]
GAUSSがファッション領域に特化して開発したAIは3つの特徴があります。
① 画像特徴量を解析して類似ファッションアイテムを検索(深層学習)
② 流行のファッション用語を解析して画像に最適なタグを提案(強化学習)
③ ファッションアイテムの商品説明文とタグを自動生成(自然言語処理)

[導入効果]
ANAPで業務調査した結果、ATSにより年間2,538時間(*)かけている作業時間の大幅な作業時間短縮が見込まれます。
(*)1型の作業時間10分×年間型数15,500型=年間作業時間2,538時間

また、AIですでに販売されている類似製品の説明文やオンラインサービスで実際に検索されたワードからタグを自動抽出して最適なタグを提案。それにより、検索エンジンからの消費者の流入数や検索ワードのヒット率の向上を図り、EC売上増加が見込まれます。

[今後の展開]
GAUSSは、ファッション領域に特化したAI技術をパッケージ化(API公開)し、2018年初旬より、上記と同様にファッションEC業務効率化の課題を抱える企業へ展開する方針です。
また、ANAPとの新たな共同開発テーマとして、在庫分配や値引セールの最適化に関する課題を解決するAIを共同開発し、ANAP及びファッションEC業界の更なる効率化に寄与するよう引続き取り組んで参ります。

[関連リンク]
・ANAP 2017年8月期 通期決算説明会資料補足資料(2017年10月26日)
https://www.anap.co.jp/ir/ir_library/?mode=presentation

・AIスタートアップ「GAUSS(ガウス)」、レディースファッション大手ANAPとAI・自然言語処理技術を活用したEC・マーケティング技術の共同開発を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000027358.html

[GAUSS会社概要]
GAUSSは、AIパッケージ販売・受託開発および競馬予想AIの開発・運営をしています。「想像したことを創造する」を理念に、AI技術研究に留まらず、自社もAI事業を営む実行力を強みとして、全業界の法人様向けに新規事業の創出や業務の効率化を支援します。競馬予想AIで2017年10月よりTBSラジオ(好奇心家族)金曜日レギュラーで出演中。

 

会社HP:http://gauss-ai.jp/
AI競馬SIVA:http://siva-ai.com/
問合先:info@gauss-ai.jp
担当:取締役 関塚 正平

Pocket
LINEで送る