マークラインズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:酒井 誠)は、本日、ポータルサイトの全面リニューアルを実施し、プロモーション広告サイト”LINES”を開始いたしました(https://lines.marklines.com/ja/)。  LINESは、自動車産業内の売り手である、部品、加工、材料、機械、金型、ソフトウエアなどの企業が、製品やサービスの主な買い手である自動車メーカー、大手部品メーカーに向けて直接プロモーションを行うことができる顧客開拓のためのツールです。LINESのサービスは、①製品情報 ②PRメール ③バナー広告の3種類から構成されており、お客様の選択により効果的なプロモーションが可能となります。 ① 製品情報は、自社の製品、サービスを当社のウェブサイト上に掲載しPRできます。(無料、有料) ② PRメールは、予め『ランプ』、『樹脂加工』など関心のあるカテゴリーを選んだ買い手にターゲットを絞って自社製品案内のメールを送れます。(有料) ③ バナー広告は、マークラインズの主要ページに設けたバナー枠に広告が掲載できます。(有料)  当社は2001年の設立以来、自動車産業に特化したポータルサイトの運営を行っておりますが、契約企業数は2000社超、自動車メーカー、大手部品メーカーは設計開発部門・購買部門などで1社当たり百人から数千人規模の社員が会員登録されております。自動車産業内の買い手グループの人数が順調に伸びていること(現在約8万人)を背景に、新サービスをリリースしました。    また、今回のリニューアルでは、LINESの他、情報データベース検索サイト(情報プラットフォーム)も独立させ、画面を刷新、地図アプリやグラフの導入等を含め利便性を向上させるとともに、コンサルティング、人材紹介及び市場予測情報についても独立サイト(エキスパート)を立ち上げました(https://www.marklines.com)。    マークラインズの由来は、自動車産業の市場(Market)と企業を情報で結ぶ線(Lines)という意味です。今後も創業時から思い描いていたビジョンの実現に邁進して参ります。 本件に関するお問い合わせ先  マークラインズ株式会社 管理部  電話:03-5785-1380  e-mail:ir@marklines.com  担当:内田、石川 —————————————————————————————————————-  マークラインズは、自動車産業ポータルを世界で運営しております。主力は世界の自動車生産・販売、技術、部品などの情報をインターネット上で検索でき、また自社製品を完成車メーカーや部品メーカーにPRできるオンライン情報サービスです。  現在、国内外の完成車メーカーや部品、材料メーカーなど、自動車産業のサプライチェインを形成する企業の約2,000社に採用されております。また、コンサルティング・受託調査や人材紹介事業なども展開し、ワンストップのサービスを提供しております。

Pocket
LINEで送る

・革新的な磁気検出技術を採用し、優れた温度安定性を持つオールインワンの電子コンパスが検出精度の新たなベンチマークを確立
・運動中のトラッキング / マッピングや屋内ナビゲーションでのユーザ体験を向上させる高精度な歩行者用推測航法機能
・高性能MEMS加速度センサの集積により、従来品よりも実装面積と消費電力を削減

 

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)は、スマートフォン、スマートウォッチ、フィットネス機器およびウェアラブル機器などに向け、最新の電子コンパスを発表しました。同製品は、衛星信号が届かない場所でも、ユーザの道案内やワークアウト結果の地図表示を可能にします。

フィットネスの状況をトラッキングするスマートフォン・アプリ、スマートウォッチ、スマートバンドは、地図表示や記録のために位置情報を継続的に取得する必要があります。これらの機器を用いてワークアウトの進捗をモニタし、達成度をオンラインでシェアするユーザにとって、測位精度の向上は非常に重要です。電子コンパスは、屋内や木々に覆われた場所でのランニングやサイクリングの場合など、衛星信号が届かない環境における測位計算を支援します。しかし、従来のソリューションでは、イタリア北部またはカリフォルニア北部などの緯度において、約10度の誤差を生じる場合があり、ユーザは1000メートル移動するごとに150メートル以上コースを外れる恐れがありました。

STの電子コンパスLSM303AGRは、高精度の地磁気センサを可能にする独自技術により、走行方位の誤差を4度未満に低減します。このような高い検出精度と、低消費電力モードで競合製品よりも最大50%低い消費電力(低消費電力モード時)を組み合わせた同製品は、モバイル機器で使用する高精度な歩行者用推測航法(PDR)機能の実現に最適です。

また、LSM303AGRは、車載ナビゲーションなどにおける推測航法の精度も向上させ、その精度は-40°C~85°Cの動作温度範囲で維持されます。競合製品の場合、室温から体温に短期間で変化するだけでも、35%以上の変動が生じることがあります。

STのグループ・バイスプレジデント兼MEMSセンサ事業部ジェネラル・マネージャであるAndrea Onettiは、次のようにコメントしています。「STの新しい電子コンパスを実現した業界トップクラスのテクノロジーは、コンスーマ機器の測位および加速度検知に使われるMEMSセンサ市場における当社の優位性をさらに高めるでしょう。この電子コンパスが可能にする高精度な歩行者用推測航法機能は、スマートフォンやスマートウォッチ(IHS社は2020年までに出荷数が1億個を超えると予測(1))などの機器におけるフィットネス・トラッカーや携帯ナビゲーション・アプリのユーザ体験を大きく改善します。」

LSM303AGR は、12ピンLGAパッケージ(2 x 2 x 1mm)で提供されます。現在入手可能で、価格は1,000個購入時に1.485ドルです。

技術情報
オールインワンの電子コンパスであるLSM303AGRは、単一のチップで製造されています。STの実績あるThELMA(2) テクノロジーを応用した3軸MEMS加速度センサと、極めてコンパクトな3軸異方性磁気抵抗(AMR)センサを組み合わせることで、従来のホール・センサよりも感度を向上させ、ノイズを低減しています。ST独自のAMR製造プロセス技術により、巨大磁気抵抗技術(GMR)またはトンネル磁気抵抗技術(TMR)を採用した競合製品よりも温度安定性が著しく向上しています。STのAMRセンサはダイナミック・レンジが広いため、周辺磁気が強い区域での磁気飽和を防ぎ、デバイスの精度向上に貢献します。

LSM303AGRの磁気検出精度はさまざまな緯度で検証が行われており、その他の電子コンパスや地磁気センサよりも優れた精度と温度安定性を示す結果が得られています。

(1) http://press.ihs.com/press-release/technology/apple-watch-success-needed-smartwatch-mega-boom-new-ihs-report-says
(2)ThELMA: Thick Epi-Poly Layer for Microactuators and Accelerometers(マイクロアクチュエータ/加速度センサ向けエピ・ポリ結晶厚膜層)。ウェハ間ボンディングと保護シリコン・キャップを使用し、MEMSメカニズムを形成するST独自のプロセス技術です。MEMS技術で世界をリードするSTは、約1,000件に上るMEMS関連の特許を世界中で取得または出願しています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2015年の売上は69.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ・MEMS・センサ製品グループ
TEL : 03-5783-8250 FAX : 03-5783-8216

Pocket
LINEで送る