「書店体験を変えるIoTプロダクト HACKATHON」入賞3プロダクト 書店での実証実験を順次開始

Pocket
LINEで送る

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、2017年1月にデジタルハリウッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:吉村 毅)と共同開催した「書店体験を変えるIoTプロダクト HACKATHON(ハッカソン)」にて入賞した3チームのプロダクトの実証実験を、日販グループの書店3店舗で4月25日(火)より順次開始します。

 当ハッカソンでは、「書店体験を変えるIoTプロダクト」というテーマのもと、参加した28名が8チームに分かれ、新たな書店体験を演出するためのIoTプロダクトを、2日間という短い期間の中でチームごとに企画・立案し、プロトタイプの完成まで取り組みました。最終日の審査で賞に選ばれた3チームのプロダクトについては、優秀賞の「Bookkey」を皮切りに、最優秀賞の「POP☆STAR」、特別賞の「出会える本屋さん」と、4月から6月にかけてそれぞれ約1週間ずつ、書店店頭に設置して実証実験を行います。各プロダクトの詳細は下記の通りです。

■「書店体験を変えるIoTプロダクト HACKATHON」実証実験概要
・第1弾「Bookkey」(優秀賞)
内容:「本を手に取る」という自然な動作をkeyにして様々なコンテンツを発信し、
読者の五感に訴えかける本の販売台。
今回は『君の膵臓をたべたい』(住野よる、双葉社)とコラボレーションし、
最先端のITを駆使して、文禄堂荻窪店に訪れるお客様を「キミスイ」の世界へ誘います。
期間:2017年4月27日(木)~5月7日(日)
場所:文禄堂荻窪店(東京都杉並区荻窪 5-30-6 福村産業ビル1F)

・第2弾「POP☆STAR」(最優秀賞)
内容:起動後カメラ越しに売場を映すと、本のPOPが浮かんで見えるARアプリです。
書店員が書いた本への思いが技術と融合し、新たな書店体験を演出します。
期間:2017年5月1日(月)~5月7日(日)
場所:パルコブックセンター吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1)

・第3弾「出会える本屋さん」(特別賞)
内容:おススメされた本を選ぶと、そこに関連する本が提示され、
それを繰り返すことで新たな本の出会いを広げていくChatbot。
店内でChatbotとコミュニケーションを取れば、
お店で扱う商品の中からあなたの気になる本と出会えるはず。
期間:2017年6月開始予定
場所:文禄堂高円寺店(東京都杉並区高円寺北 2-6-1 高円寺千歳ビル1F)

■「書店体験を変えるIoTプロダクト HACKATHON」開催概要
日時:2017年1月28日(土)、29日(日)
会場:デジタルハリウッド大学
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F
主催:日本出版販売株式会社
デジタルハリウッド株式会社(D ROCKETSインキュベート)
運営:G’s ACADEMY TOKYO
http://gsacademy.tokyo/nippan_hack/

日販では今後も、オープンイノベーションの推進やITの活用によって、読者へ今までにない新しい価値を創造し、書店店頭の活性化や先進的な取り組みを推進してまいります。

■本件に関するお問い合わせ
日本出版販売株式会社 広報室 担当:小野、吉田
TEL.03-3233-3829 FAX.03-3233-8860
E-mail:press@nippan.co.jp

Pocket
LINEで送る