Category Archives: ITソリューション(B2B)

日本初の法務系クラウドAIサービス「Holmes」提供、世界的VCの『500 Startups Japan』より数千万円の資金調達実施 弁護士の経験とAIを組み合わせ、新領域“リーガルAIテクノロジー”を切り拓く

リーガルAIテックの株式会社リグシー(本社:東京都港区・代表取締役:笹原健太。以下、リグシー)は、世界で最もアクティブなシード投資ファンド『500 Startups Japan』を引受先とする数千万円の第三者割当増資を実施致しました。

ビッグデータ×AIのユーザー分析DMP 「Juicer」 とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」の連携で、より精緻なターゲティングを実現

トライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋、以下 トライベック)は、国産マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management®」の一部機能を株式会社PLAN-B(所在地:大阪市西区、東京都港区、代表取締役:鳥居本 真徳、以下 PLAN-B)が提供するビッグデータ×AIのユーザー分析DMP「Juicer」と連携、10月19日(木)よりJuicerのオプション機能として提供開始します。

Appier、AIを使ったアドフラウド対策モデルの効果に関するレポート「アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか」を発表 AIベースのアドフラウド対策は、従来のアプローチと比較して2倍の疑わしいインストールを検出

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下Appier)は、本日、AIを使ったアドフラウド対策モデルの効果に関するレポート「アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか」を発表しました。

人工知能と自然なタイミングでの対話が可能。口語によるリアルタイム自動音声応対機能を実現

待ち時間のない自動応対システムで人との対話のように、スムーズなやり取りを実現する事で未来的なコミュニケーションが可能。

MKIと沖縄銀行、AIを活用したテキストデータ解析のPoCを開始              -取引先との接触履歴データを分析し、地域経済に役立つ価値の創出を目指す-

井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下 MKI)は、株式会社沖縄銀行(本店:沖縄県那覇市、代表取締役頭取:玉城 義昭、以下 沖縄銀行)と共に、東京大学大学院及び株式会社琉球新報社の協力を得て、沖縄銀行が保有するテキストデータを活用し、テキストデータが企業及びその周囲に与える影響について自然言語処理から評価するPoC(※1)を開始しました。データ分析により有意義な結果を得られた場合には、商品化を検討する予定です。

国内初、AI やIoT 技術を活⽤した睡眠解析プラットフォームβ版スタート 第⼀弾として吉野家との実証実験が決定 〜同時に、リアルテックファンドから資⾦調達しSleepTech(スリープテック)を加速〜

⼤⼿企業向けに睡眠改善プログラム事業を展開する株式会社ニューロスペース(本社:東京都千代⽥区、代表取締役:⼩林 孝徳、以下 ニューロスペース)は、10⽉11⽇(⽔)より、国内で初めて、AIやIoT技術を活⽤した「睡眠解析プラットフォームβ版をスタートします。

セルバスAI、日本最大の医療情報化展示会「デジタルヘルスDAYS 2017」に参加AIを用いた疾病予測 サービスを公開 人工知能基盤メディカル特化ソリューション、「セルビーチェックアップを公開」

疾病予測サービスにディープラーニング技術を初めて適用し、日本メディカル市場での先行優位を期待

人工知能の専門企業セルバスAI(www.selvasai.com)は10月11日から13日まで東京ビッグサイトで開かれる日本最大の医療情報化に関する展示会「デジタルヘルスDAYS 2017」に参加することを明らかにした。
(ブース番号2041番)

IoT情報のセキュアな流通に対応する「電子証明書対応SDメモリカード”miParu(R)”」を発表

北大発認定ベンチャーの株式会社ミルウスは、サイバートラスト株式会社、株式会社デジオン、公立大学法人広島市立大学と共同で開発中の、IoT情報のセキュアな流通に対応する「電子証明書対応SDメモリカード”miParu(R)” (ミパル)」を発表し、併せて製品プロトタイプを「BioJapan 2017」で展示します。

放送番組等ビデオ用のコンテンツ保護規格である「SeeQVault(TM) 」のライセンス提供団体であるNSM Initiative LLCは、SeeQVault(TM)をIoT等ビデオ以外の一般コンテンツ向けにも利用可能とする新しいライセンスを2018年春より開始する予定であり、”miParu(R)”は最初の適用例となる予定です。

ミルウスは、2018年春に予定する事業開始に先立って、札幌市公募の「2017年健康関連産業ビジネスモデル構築支援」に採択されており、札幌市並びに株式会社北海道二十一世紀総合研究所等の広範な支援・協力のもと、札幌市並びに北海道の企業・団体・医療機関等に”miParu(R)”の製品サンプルを先行貸与し、ユースケース開発や新規サービス創出を行います。

スマート・セキュリティのSecual(セキュアル) 、2017年度グッドデザイン賞受賞の次世代AIカメラ「Secual Cam Ady」(セキュアル カム アディ)を発表 ~来訪者への自発的な会話、音声によるセキュリティ・コントロールに対応~

株式会社Secual(本社:東京都渋谷区、代表取締役:青柳 和洋、以下当社)はこのたび、家族・来訪者を認識して相手に応じたコミュニケーションやセキュリティ・コントロールを行う次世代AIカメラ「Secual Cam Ady」(セキュアル カム アディ)を発表します。また、本製品は2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)に選出され、2015年度受賞の窓センサーに続き、2製品連続でグッドデザイン賞を受賞したことをお知らせいたします。

6割以上が、市役所業務は、「将来、AIに置きかわる」 『人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年8月度)』

~約半数が「AI家電に興味があり、購入に意欲」~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『人工知能(AI)& ロボット 月次定点調査(2017年8月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全77ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。