成田空港ターミナル連絡バスでハンズフリー翻訳タブレットの実証実験を行います! ~ バス車内でのお客様に向けたご案内や対話を途切れることなく自動で翻訳 ~

Pocket
LINEで送る

成田国際空港株式会社は、2016年4月19日から4月27日まで、音声翻訳技術を活用したハンズフリー翻訳タブレットの実証実験を実施します。

今回の実証実験は、ターミナル間を往復する無料連絡バスの車内において、タブレットおよび弊社アプリ「NariTra」の音声翻訳エンジンを活用し、乗務員が外国人のお客様に対して、音声と画面で極めてスムーズに多言語(英語・中国語・韓国語)でご案内を行うことを目的とします。

その最大の特徴は、バス乗務員とお客様のいずれも、発話の開始および終了時に一切の操作をする必要がない点です。これを実現させるため、雑音除去ならびに発話の区切りを自動認識する技術が活用されています。

成田国際空港株式会社では、機能やサービス時の実用性検証を行い、今後本格導入を進めてまいります。

Pocket
LINEで送る