キャラクター会話に特化した、新スタイルの小説投稿サイト「トークメーカー」正式スタート! 小説家自身がシステムの開発者。膨れ上がるネット小説市場のニーズにマッチした、誰もがシンプルに物語を創造できる小説投稿サイトを実現。

Pocket
LINEで送る

未来創造株式会社は、2016年12月19日、キャラクター会話に特化した新しい小説投稿サイト「トークメーカー」(http://talkmaker.com/)をスタートいたしました。
トークメーカーは、50冊の著作がある小説家でありウェブシステム開発者である至道流星が自ら手掛けた小説投稿システムです。キャラクター会話に特化することで、創作活動の敷居を下げ、誰でも簡単にキャラクターや物語を創作することが可能になります。

今までの小説書籍や小説投稿サイトでは、多量の文章を読んだあとでないと、作品やキャラクターを評価することができませんでした。
しかしトークメーカー(http://talkmaker.com/)では、ユーザーがキャラクターのセリフ一つ一つに投票することができ、セリフまでランキング形式で評価される仕組みを導入しています。これにより、キャラクターの根幹をなすセリフから、好みの作品を探してもらうことができるようになりました。
また、キャラクター会話投稿機能のほかに、複数人で一緒に小説を書き進めることもできるコラボ作品機能も搭載しています。見ず知らずのクリエイターと楽しみながら共同し、一つの作品を創り上げる新しい試みになります。

【トークメーカーの特徴】

1.キャラクター会話に特化した小説投稿システム
シンプルな操作で、好みのアイコンと、キャラクターのトークが生成されます。

2.好きなキャラクターアイコンを選び、簡単にセリフを喋らせることができる
多数の公式キャラクターアイコンを自由に使うことができ、自分で作成したキャラクターアイコンもアップロードして使用することができます。

3.セリフの一つ一つに投票でき、リアルタイムでセリフランキングが表示される
作品のみならず、気に入ったセリフには投票できます。思わぬキャラクターのセリフがヒットすれば、作品の読者を一気に増やすことができます。

4.複数人で一つの小説の創作ができる多人数で一つの物語を創り上げることができます。一人の登場人物になりきり、いつでもどこからでも参加が可能です。

5.スマホからでも作品を手軽に投稿でき、漫画のように読むことができる
PCの前でじっくり取り組むスタイルだった小説執筆が、キャラクター会話一つから投稿できるトークメーカーの登場により、ちょっとした空き時間を創作活動に割り当てることができるようになりました。

こちらはアンドロイド端末の画面です。
Pocket
LINEで送る