「好きな書評家、読ませる書評。」 書評アーカイブWEBサイト・ALL REVIEWSがオープン。 明治以来活字メディアに発表されたすべての書評を閲覧可能にする「書評アーカイブ」の構築を目指すWEBサイト

Pocket
LINEで送る

仏文学者/明治大学教授の鹿島茂の個人事務所である鹿島茂事務所(株式会社ノエマ)は2017年7月5日、書評アーカイブWEBサイト「ALL REVIEWS(オールレビューズ)(https://allreviews.jp/)」をオープンいたしました。

■ALL REVIEWSとは

ALL REVIEWSは、最終的には、明治以来活字メディアに発表されたすべての書評を閲覧可能にする「書評アーカイブ」の構築を目指すWEBサイトです。

日本を代表する書評家が新聞/雑誌/書籍で発表した書評をもって、WEBサイト:ALL REVIEWSに個人の資格で参加するという形式。コミケ会場のような巨大なWEBドームに、それぞれの書評家が書評した本を持ちよって個人のWEBブースを開店したようなイメージです。閲覧はすべて無料です。

個人WEBブースに立ち寄ったユーザーは書評された本のほかに、書評家自身の著作も購入できます。また、 書評家は、 個人のWEBブースで販売された新刊本の定価(古書の場合は古書価格)の0.7-2.1パーセントをアフィリエイト・システムで得ることができます。

参加書評家は以下のとおり。今後も拡大予定です。※50音順。
池内紀、逢坂剛、大森望、鹿島茂、鴻巣友季子、高遠弘美、高階秀爾、高山宏、谷川渥、張競、豊崎由美、中江有里、永江朗、中野翠、橋爪大三郎、藤森照信、堀江敏幸、松原隆一郎、御厨貴、水野和夫、森まゆみ、山崎正和、四方田犬彦
(以下、故人)
井上ひさし、木村尚三郎、澁澤龍彦、瀬戸川猛資、種村季弘、出口裕弘、丸谷才一、吉本隆明、米原万里
 

 

ALL REVIEWSスクリーンショットALL REVIEWSスクリーンショット

以下はサイト主宰者である鹿島茂のコメントです。
「本サイトを立ち上げた動機は、『神田神保町書肆街考:世界遺産的“本の街”の誕生から現在まで』(筑摩書房)を書き上げる過程で出版危機の本質について深く考えたことにあります。
その結論は、資本主義の加速化で、本来、耐久消費財であった本が、猛スピードで消費されるたんなる消費財と化してしまったというものです。本が消費財と化し、書店で新刊しか売れないため、新聞、雑誌の書評も常に新刊本を対象としたものにならざるをえません。出版・書籍業界では、新刊本しか価値がないというのが現状なのです。
こうした現状を打破するには、書店で棚置きされたり、出版社の倉庫に眠っている旧刊行本が売れるようにするほかありません。ひとことでいえば、ショートセラーではなく、ロングセラーがより多く出るような構造をつくりださなればならないのです。
では、新刊本ではなく、旧刊行本が売れ出してロングセラーになるような構造をつくるにはどうしたらいいのでしょうか?
過去に書かれた優れた書評を無料で閲覧できるようなサイトをつくり出し、その書評を参考にして読者が旧刊本を手にすることのできるようなシステムを用意すること、これ以外にはありません。
しかし、過去に書かれた優れた書評をどこで探してくればいいのでしょう?
過去の書評でも、作家や評論家の書評集に採録されていればなんとかこれを読むことができますが、多くの場合、新聞、雑誌で瞬間的に読まれただけで、あとは忘却の淵に沈んだまま顧みられることはありません。
ALL REVIEWSは、 この「忘却の淵に沈んだ」ままになっている膨大な数の書評を浮かび上がらせ、再び価値の光を当てて活性化することを目的としています。
では、無限に近い過去の書評から今日でも読む価値のあるものを救い出すにはどうしたらいいのでしょうか?
わたしたちは、信頼できる書評家を選ぶことから始めるのがベストだと考えました。そのため、わたしが個人的に親しく、信頼を置いている書評家(故人の場合は御遺族)の方々にお声がけし、わたしたちのサイトの趣旨に賛同していただいた方々に参加していただくことにしたのです。
ALL REVIEWSは上記の32人の書評家をスターティング・メンバーとしてオープンしますが、今後、できる限り多くの書評家の方々に加わっていただき、最終的には、冒頭で宣言したように、明治以降に活字となったすべての書評の収録を目指します。ご期待下さい。」

鹿島茂(かしましげる)

仏文学者。明治大学教授。専門は19世紀フランス文学。
1949年、横浜市生まれ。1973年東京大学仏文科卒業。1978年同大学大学院人文科学研究科博士課程単位習得満期退学。現在明治大学国際日本学部教授。
『職業別パリ風俗』で読売文学賞評論・伝記賞を受賞するなど数多くの受賞歴がある。膨大な古書コレクションを有し、東京都港区に書斎スタジオ「NOEMA images STUDIO」を開設。新刊に『エマニュエル・トッドで読み解く世界史の深層 』(ベスト新書)、『失われたパリの復元:バルザックの時代の待ちを歩く』(新潮社)、『神田神保町書肆街考: 世界遺産的“本の街”の誕生から現在まで』(筑摩書房)などがある。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社ノエマ(http://www.noema.co.jp/Kashima_Shigeru.html
所在地:〒106-0031東京都港区西麻布4-11-7 秀和西麻布レジデンス1F
担当名:由井緑郎
お問い合わせ:yui@noema.co.jp

Pocket
LINEで送る