Keigan Motor クラウドファンディング 200%成功記念! ストレッチゴールで「究極のターンテーブル」オプションを設定

Pocket
LINEで送る

現在 きびだんご にてクラウドファンディング実施中の 「驚くほど簡単にロボットが作れる」Keigan Motor は、目標の200%達成を記念し、ストレッチゴールを設定します。内容は、Keigan Motor 専用のターンテーブルオプションです。
(クラウドファンディングの終了時間:2017/4/23 23時 59分)

株式会社 Keigan(本社:京都府、代表取締役社長:徳田貴司)は、驚くほど簡単にロボットを作ることができる「KeiganMotor」を「kibidango(きびだんご)」(https://kibidango.com/303)にてクラウドファンディング実施中です。この度、目標金額の2倍である、300万円を達成しました。

ご支援頂きました皆様へは、厚く御礼申し上げるとともに、新たにストレッチゴールとして、350万円の目標金額を設定し、達成の場合、サポーター全員にターンテーブルのオプションをお届けします。なお、クラウドファンディングの終了時間は 2017/4/23 23時 59分 となっています。

<ストレッチゴール:350万円に達成した場合>
究極のターンテーブルオプション x 1個
を、Keigan Motor の支援者全員に、モーター1個につき、1台お届けします。
本ターンテーブルはマグネットによりワンタッチで Keigan Motor の上に取り付けることができ、
Keigan Motor の特徴を生かすことによって、ただ超静音で滑らかに動くだけでなく、従来にないスマートなターンテーブルを実現します。

  • 手で動かした動きを記憶できる
  • プログラミングした通りに動作させることができる
  • USBモバイルバッテリー駆動で動く

 

手で動かして直接動きを記憶し、再生するデモ。

 

<Keigan Motor について>
商品特徴
1. 専門知識がなくても簡単に使うことができる
高性能モーターと、それを動かすための電子部品が全て搭載されています。 USBバッテリーからの給電に対応し、持ち運びにも適しています。無線(Bluetooth Low Energy)で通信するため、スマートフォンなどから、自由に動きをコントロールできます。モーター間の配線は不要ですので、空間的な制約にとらわれません。

2. 組み合わせることでロボットを直感的に作ることができる
専用アプリを使用すると、複数の Keigan Motor にそれぞれの機能を割り当てることができます。すなわち、テンプレートから簡単にロボットを作ることが可能です。テンプレートはアップデートにより随時追加されていきます。また、作ったロボットはインターネットを介して遠隔操作することもできます。

3. 手で動かした動きを記憶できる
Keigan Motor は、どのように動かしたかという動作の記憶と再生が可能です。 また、手で動かしたときの角度やトルク(出力軸にかかっているモーメント)を検知して入力機器として使用できるため、モーターだけで本格的なロボットを作ることも可能です。

【製品情報】希望販売価格  34,800円(税別)
一般発売予定日 2017年7月以降
プレスキット(画像・リーフレット)https://goo.gl/sMx2jq

【会社概要】
会社名:株式会社Keigan
代表取締役:徳田貴司
所在地:〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1丁目7 けいはんなプラザ ラボ棟5階
お問合せ:info@keigan.co.jp
URL:https://keigan-motor.com/ja/
設立:2016年9月
資本金:990万

Pocket
LINEで送る