キングソフト、「Microsoft Bot Framework」を採用した「WowTalk bot」を発表 ~知りたい情報を人工知能搭載ボットが検索しチャットで回答~

Pocket
LINEで送る

キングソフト株式会社(取締役社長:馮達 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、日本マイクロソフト株式会社の支援の下、アプリで稼働する人工知能搭載ボットを開発できる「Microsoft Bot Framework」の採用を前提にした『WowTalk bot(ワウトークボット)』を発表いたします。

キングソフト株式会社(取締役社長:馮達 本社:東京都港区 以下、キングソフト)は、日本マイクロソフト株式会社の支援の下、アプリで稼働する人工知能搭載ボットを開発できる「Microsoft Bot Framework」の採用を前提にした『WowTalk bot(ワウトークボット)』を発表いたします。

 

キングソフトが開発・提供する「WowTalk」は、スマートフォンやパソコンから、場所を選ばずにメッセージやスタンプ、画像ファイル、ドキュメントファイルを送りあうことのできる「チャットトーク」や、情報共有に役立つ社内SNS「タイムライン」、「無料通話」を利用して迅速なコミュニケーションを可能にするビジネスチャット・社内SNSです。この「WowTalk」に新機能としてbot=人工会話プログラムの搭載を発表いたします。

今回発表する『WowTalk bot』は、トークルームから知りたい情報のキーワードを投稿するだけで、botサービスが情報にまつわる『(WowTalk内の)会話ログ』や『ドキュメントファイル』、『担当者情報』を横断的に検索しチャット形式で自動回答いたします。

日本マイクロソフト株式会社主催の技術カンファレンス『de:code 2016』にて紹介しています。
de:code 2016 オフィシャルサイト : https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2016/

マイクロソフトのテクノロジーを活用した今後の機能拡張予定
■「WowTalk bot」では、「WowTalk」が保有するデータに加え、「Office 365」上のドキュメントやリソースとの連携を図ることで、情報共有や企業資産の再利用を促進させます。

■「WowTalk」が利用するクラウド基盤としてMicrosoft Azureを採用し、既存のAmazon Web Servicesからの移行を順次進めていきます。特に、Botサービスが、Azure Machine Learningの機械学習機能を活用することで、より最適な回答をできるよう進化します。

■「WowTalk」では、Active Directoryとの認証基盤を統一することで、ユーザー情報の管理を容易にし、よりセキュアな環境での運用を行えるようにします。

これからも「WowTalk」は、マイクロソフトのテクノロジーを活用し、ビジネスチャットの更なる可能性を広げるチャレンジの一環として今後も開発に取り組んでまいります。

日本マイクロソフト株式会社 様からのエンドースメント
日本マイクロソフトは、キングソフト株式会社様のMicrosoft Bot FrameworkやAzure Machine Learningなど最新テクノロジーへの早期対応について心より歓迎致します。 本ソリューションにより、コミュニケーションプラットフォームがお客様に一層オープンに各々の連携が容易になることで、ワークスタイル変革や企業の生産性向上つながるものと期待しております。

日本マイクロソフト株式会社
執行役 デベロッパーエバンジェリズム統括本部長
伊藤 かつら

【「WowTalk」について】
スマートフォンやパソコンから、場所を選ばずにメッセージやスタンプ、画像ファイルを送りあうことのできる「チャットトーク」や情報共有に役立つ社内SNS「タイムライン」、「無料通話」を利用して迅速な連絡が可能です。直感的にわかりやすいインターフェースで、快適に安全なコミュニケーションを実現することができます。 

■WowTalkサービス紹介 : https://biz.kingsoft.jp/wowtalk/

Pocket
LINEで送る