ヒトクセ、「Smart Canvas」を「KANADE DSP」と連携、「KANADE DSP」から動画広告をはじめとするリッチメディア広告を配信開始

Pocket
LINEで送る

ヒトクセ、「Smart Canvas」を「KANADE DSP」と連携、「KANADE DSP」から動画広告をはじめとするリッチメディア広告を配信開始

インターネット広告事業を行う株式会社ヒトクセ(本社 : 東京都港区、代表取締役 : 宮崎航)は、リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas(スマートキャンバス)」を京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区、代表取締役社長:佐々木節夫)が運営するDSP(※1) 「KANADE(カナデ) DSP」と2015年4月16日に連携しました。これにより、動画広告をはじめとするリッチメディア広告を「KANADE DSP」から配信可能となりました。「KANADE DSP」は独自のRTB(※2)最適化アルゴリズムと機械学習により、広告効果の最大化に貢献する広告配信プラットフォームです。動画やアニメーション等のリッチメディア広告を用いることにより、認知度向上や興味喚起をより効果的に行えます。今後はレコメンドバナーにアニメーション広告を導入するなど、より注意を引く広告フォーマットの作成を進めていきます。

【リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」の概要】
動画広告をはじめとするリッチメディア広告の制作や、配信、分析が可能なプラットフォームです。DSPやアドネットワーク(※3)など、複数の広告配信サービスからリッチメディア広告を配信することができます。また、分析データとして配信数やクリック数に加え、ユーザーのクリック領域を可視化したヒートマップを提供します。
静止画よりも多くの表現が利用でき、商品のイメージを鮮明に伝えることができることから、リッチメディア広告はブランド名や会社名を認知させるブランディングという点で静止画よりも効果的です。

【「KANADE DSP」の概要】
ユーザーごとの興味・関心に合わせて広告をパーソナライズする「パーソナライズリターゲティング」、潜在顧客を抽出し自社サイトへの訪問を促す「オーディエンス拡張」、狙ったセグメントへのブランド認知を促進する「プロファイルターゲティング」など、広告主様のキャンペーン戦略に応じた広告配信を可能とする広告配信プラットフォーム(DSP)です。従来のリターゲティング(※4)ではリーチできなかった広告主様サイトとの親和性が高い、興味・関心層(潜在顧客)に広告を配信し、優良顧客の獲得に貢献します。

(※1) DSP : Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)。広告在庫の買い付けから配信、オーディエンスターゲティングなどを一括して管理できる広告配信プラットフォーム。
(※2) RTB : Real Time Bidding(リアルタイムビッディング)。広告枠の表示毎に、ユーザーの属性や掲載サイトを元に広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定する仕組み。
(※3) アドネットワーク : 複数の媒体に対して広告を配信するサービス。
(※4) リターゲティング : 一度Webサイトを訪れたユーザーに対し、再度同じWebサイトの広告を配信することで再訪問を促す配信方法。

<会社概要>
株式会社ヒトクセ
代表取締役 : 宮崎航
本社所在地 : 東京都港区六本木4-8-1 シンシア六本木1202
URL : http://hitokuse.com/
事業内容 :
リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」の開発・運営
インターネット動画広告サービス「Smart Video(スマートビデオ)」の開発・運営
ネイティブアドサービス「カメレオン」の開発・運営

Pocket
LINEで送る