マンパワーグループ、『マイナンバー制度研修』eラーニングの提供を開始 『マイナンバー制度研修』eラーニング第一弾、【基礎編】の提供開始

Pocket
LINEで送る

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥、 http://www.manpowergroup.jp)は、マイナンバー制度についての内容やマイナンバーの取り扱い方法の習得を目的としたeラーニングプログラム『マイナンバー制度研修』の提供を開始いたします。

eラーニング サンプル画面

■『マイナンバー制度研修』の重要性
マンパワーグループでは、「民間事業者におけるマイナンバー制度対応セミナー」や企業向けメールマガジンを通じてマイナンバー制度の普及・啓蒙活動を行ってまいりました。2016年1月のマイナンバー制度施行にあたり、民間企業は事務フローの見直しや安全管理措置などの制度対応が求められます。間違ったマイナンバーの取り扱いには罰則も定められており、自社従業員への教育も必要です。

■第一弾として【基礎編】の提供を開始
今回提供を開始する『マイナンバー制度研修』は、マイナンバー制度の内容やマイナンバーの適切な取り扱いの考え方について学ぶ【基礎編】となります。現在は当社給与厚生部門や派遣社員を対象としておりますが、必要となる各省庁令及びガイドラインが発表され次第、各企業へもサービス提供を開始いたします。また、来年以降【基礎編】の内容を最新版として更新するとともに、番号取扱事務担当者向けの【実務編】、管理職や指揮命令者向け【管理編】の提供を予定しています。

マンパワーグループでは、多くの派遣社員からマイナンバーを取得し安全に管理していくこと、派遣先企業で働く派遣社員へ教育を行うことの2点を制度対応における重要項目として、「マイナンバー対策チーム」を発足、制度対応を進めています。マイナンバー制度施行後も派遣先企業及び、派遣社員に安心して当社の人材サービスをご利用いただける環境を整えてまいります。

Pocket
LINEで送る