描いた絵が動き出す!カメラ付きの次世代型デジタルスケッチブック 『おえかきアーティスト』 2016年7月上旬発売

Pocket
LINEで送る

株式会社メガハウス(バンダイナムコグループ、代表取締役社長:奥山嚴/東京都台東区)は、カメラ付きの次世代型デジタルスケッチブック『おえかきアーティスト』(21,600円・税8%込/20,000円・税抜)を、2016年7月上旬に発売します。メインターゲットは3~4歳の男女で、全国の玩具取扱店で販売します。

 本商品は、液晶パネルに付属の専用タッチペンで絵を描くと、描いた絵が動き出す「動く絵モード」や、簡単にパラパラアニメを作れる「パラパラアニメモード」など全10モードを搭載しており、デジタルならではのおえかき遊びを、成長に合わせて長く楽しむことができます。10モードのうちのメインである「動く絵モード」は、背景を選び、白枠内に好きな絵を描き「できた」ボタンを押すと動いたり、自分で描いた導線に沿って絵を動かすこともできます。背景は、水族館や街など全6種類のほか、自分で描いた絵やカメラで撮影した写真も設定可能です。
搭載しているカメラを使って遊ぶこともでき、「カメラモード」で撮影した写真に落書きができます。また、「マンガ作成モード」で撮影した写真は薄く現れ、トレースすると上手に絵を描けるほか、「パラパラ写真モード」では、撮影した写真を使いコマ送り動画を作ることができます。
使用できる色は全96色で、えんぴつや筆ペンなど4種類、線の太さが3種類の計12種類の画材から選べます。また、使う色ごとに音が流れ、タッチペンを動かす動作も楽しめます。内蔵メモリには絵を約150枚保存可能で、microSDカード(別売り)にも対応しており、お子さまの大切な絵をそのままに保存できます。本体サイズは幅352mm、厚さ25mm、高さ262mmで持ち手がついており、子どもがどこにでも持ち運びしやすい仕様となっています。

 

<商品概要>
■メーカー希望小売価格:21,600円・税8%込/20,000円・税抜
■発売日:2016年7月上旬
■対象年齢:3歳以上  ■電池:単2乾電池×3本(別売り)
■商品本体サイズ:幅352mm✕厚さ25mm✕高さ262mm  ■連続使用時間:約4時間(アルカリ乾電池)
■ディスプレイ:9インチワイド液晶  ■商品重量:1105g
■セット内容:おえかきアーティスト本体、専用タッチペン、取扱説明書
■撮影サイズ:30万画素(ファイル形式:JPEG・本体保存枚数 約150枚)
■撮影記録メディア:本体内蔵メモリ 68MB/microSD 32GB対応(別売り)
■モード:①動く絵モード ②パラパラアニメモード ③パラパラ写真モード ④マンガ作成モード
⑤カメラモード ⑥メッセージアニメモード ⑦ぬりえモード ⑧せんなぞりモード
⑨もじなぞりモード ⑩おえかきモード
■販売ルート:全国の玩具取扱店
■商品ホームページ http://oekakiartist.jp/

Pocket
LINEで送る