世界初!iPhone向けVRコントローラー登場!話題のGoogle Daydream View 対抗プロダクトをスタートアップがリリース! iPhone向けオープンソースVRコントローラーがKickstarterでデビュー!

Pocket
LINEで送る

この度、Google DaydreamとともにモバイルVRの歴史を作っていくVRプロジェクトをスタートします!
ポイントはgoogle Daydreamとほぼ同じコンセプトと仕様でありながら、当方はiPhoneと既存のandroid端末を対象にしている点です。加えて、SDKも準備し、オープンソースなので誰でもdaydreamのような取り組みを行える点です。

私たちのミッションはVRの素晴らしさを多くの人に届けるために、「手軽に」「安く」入手できるモバイルVRを考えました。
ぜひ、私たちの気持ちとミッションを解説したムービーをご覧ください。

 

株式会社ワンダーリーグ(本社東京・港区)はスマートフォンコンテンツ開発の技術を生かして、この度スマートフォンVR市場に参入し、世界展開の布石としてKicskstarterにおいての先行リリースを報告させていただきます。

<市場の背景>
2017年はスマートフォンVR元年に!

本年、2016年はViveやOculusRift,プレイステーションVRの登場でVR元年と呼ばれていますが、
2017年はgoogleがスタートさせるDaydreamが牽引しスマートフォンVR元年になると予測されています。

<スマートフォンVRの可能性と課題>
すでにスマートフォンで気軽に体験できるVRビューワーは一般的ですが、VRコントローラーが不在であったことから「見るだけのVR」でありました。この状況にVRコントローラーを備える
google Daydreamの登場により、スマートフォンにおいても魅力的なVRゲームがリリースされ市場を牽引ていくと予測されています。 https://vr.google.com/daydream/

<Vroom Projectとは>
Daydreamがカバーしない領域(対応端末)やビジネス概念(カスタマイズ可能)をVroomが補完することでDaydreamと共にスマートフォンVR市場を牽引していく第三のスマートフォンVRプラットフォームです。

<Vroom Projectの3つの特徴>
1. iPhone6.7及び既存のandroid端末に対応するモーションコントローラーを企画、開発、提供します。
2. コントローラーはオープンソースとして誰もが開発可能になります。
3. unityに対応した開発環境(SDKとアセット)を用意しましたので誰でも手軽に対応アプリを開発できます。

<Vroom Projectのラインナップ>
ハードウェア領域
・Vroomモーションコントローラー
・Vroomオープンソースキット
・Vroomファームウェア
ソフトウェア領域
・Vroom  SDK for unity
・Vroom  Asset for unity
開発者向けサービス
・Vroom デベロッパーズクラブ

<ワンダーリーグとは?>

・東芝子会社社長からスマートフォンコンテンツまで幅広いキャリアを持つ北村勝利が率いるベンチャー企業です。世界的なVRトレンドの中にあって、「スマートフォンVRこそVRビジネスの中心になる!」という信念を持って当分野ににフォーカスしたサービス開発を行っています。

Kickstarter  http://bit.do/vroomwonderleague
Press Kit:     http://bit.do/vroompresskit
Web site:    http://wonderleague.co.jp/

  1. 問い合わせ先 株式会社ワンダーリーグ 広報担当 victory@wonderleague.co.jp

〒163-0225 東京都新宿区西新宿2丁目6-1 新宿住友ビル25F  StartUp base camp

Pocket
LINEで送る