ロボットメーカー「テムザック」が手掛ける待望の”乗れるロボット”ついに発売! 車いすの常識が変わる!?“座る”から“乗る”に進化した次世代型スマートモビリティ『RODEM』

Pocket
LINEで送る

医療、コミュニケーション、レスキュー、警備など多様な実用ロボットを手掛ける株式会社テムザック(本社:福岡県宗像市、代表取締役:髙本陽一)は、2017年11月20日(月)より「RODEM(ロデム)」の販売受付を開始します。

RIDE-ROID RODEM(ライド・ロイド ロデム)RIDE-ROID RODEM(ライド・ロイド ロデム)

frontfront

sideside

 
「RODEM(ロデム)」は、“質の高い生活を、すべての人に” をコンセプトに、少子高齢社会の中で、介助者・被介助者双方の負担を減らし、誰もが暮らしやすい社会を実現したいとの想いで開発された既成概念にとらわれない新しい製品です。

RODEMはNEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)事業の支援を受けて、福祉大国であるデンマークで実証実験を行いました。デンマークでのテスト結果をもとに、安全性の追求とともに、更に実用化に適した機能・ユーザビリティを向上させました。
ユーザーの思いにより、時にはロボット、時にはモビリティ(乗り物)、時には車いすとしての役割を1台で果たします。

車いすへの乗り移りは、従来前方から“座る”形式が一般的であったなか、後ろから“乗る”形式へと発想を転換したことで、体の向きを変えることなくベッドや椅子、トイレ等への移乗が可能となり、ユーザーの生活空間を広げ、質の高い生活を実現するための自立・移動を支援する全く新しいモビリティです。

<6つのメリット>
1.ベッドや椅子からの乗り移りがスムーズに

2.狭い場所でも旋回がしやすい

3.スマートフォンで遠隔操作ができる

4.歩行者と視線の高さを合わせることができ、会話しやすい

5.生活空間を広げ、自立度をアップ

6.前傾姿勢により、気持ちが前向きになる

<利用シーン例>
01:起床

簡単に乗り移れる簡単に乗り移れる

02:洗面

前かがみ作業が楽になる前かがみ作業が楽になる

03:食事

テーブルの下に入り込めるテーブルの下に入り込める

<価格>
メーカー希望小売価格:980,000円(非課税)※送料・調整費別
※TAISコード:01799 – 000001

<カラーバリエーション>
ブルーメタリック・ピンクメタリック・ダークグレーメタリック・シルバー・ホワイト

<プロモーションムービー>

 

本製品は、2017 年11月29 日(水)~12月2 日(土)に東京ビッグサイトで開催される「2017国際ロボット展」NEDOブースでの展示・試乗体験を行います。

<スペック>

名称/型番 RODEM(ロデム)/M651
サイズ 全幅:690mm × 全長:1000(~1203)mm
※( )シートが一番低い状態
高さ 全高:920(~1254)mm 座面高:400(~785)mm
※( )シートが一番高い状態
重量 約110kg
速度 最高6km/h ※速度調節可能
コントローラ ジョイスティック/スマートフォンによる遠隔操作(Bluetooth)
駆動方式 4輪駆動
充電 プラグイン方式(家庭用100V)/充電時間:8時間
バッテリ 鉛:12V20Ah×4
防水 生活防水

※仕様は改良のため予告なしに変更する場合があります。

Pocket
LINEで送る