ソニーのAR技術で独自アプリが作成できるソフトウェア開発キット 「SmartAR(R) SDK」2016年1月~外販スタート

Pocket
LINEで送る

ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役:中村 年範)は、ソニーの統合型 拡張現実感 技術“SmartAR(R)(スマートAR/*)”を使い、パソコンやスマートフォン向けの独自アプリケーションを作成するためのソフトウェア開発キット「SmartAR(R) SDK」を、サイバネットシステム株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:田中 邦明、証券コード:4312)を通じて2016年1月より販売致します。


従来、SmartAR(R)はソニーグループを中心とした企業に提供されてきましたが、今後はより多くの開発者が、ARアプリを開発することが可能となります。

「SmartAR(R) SDK」紹介サイト
http://www.cybernet.co.jp/ar-vr/products/smartar/

*AR:Augmented Reality(拡張現実感)

■SmartAR(R)の特長
・マーカーレスAR
従来のAR技術で必要とされた特定のパターン画像(マーカー)が、物体認識技術により不要になります。マーカーではない、指定した画像の認識をトリガーとして仮想画像の合成を行うことにより、自然なインタラクションを実現しました。

・高速追従性(“高速・ピッタリ”)
認識した画像の動きにピッタリと追従し、画像のずれによる違和感を低減しています。独自開発の高速画像処理エンジンにより、処理能力の限られるスマートフォンをはじめとしたモバイル環境でも快適に動作します。

・3D空間認識
カメラが捉えている空間の3次元構造を認識することで、認識した画像に物体が張り付くだけのARではなく、空間全体を利用したARを実現しました。

■商品概要
<商品名>
SmartAR(R) SDK

<発売日>
2016年1月予定

<対応プラットフォーム>
iOS、Android、Unity、Windows

<URL>
http://www.cybernet.co.jp/ar-vr/products/smartar/

■今後の展望
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社は、端末の処理能力の向上・通信速度の高速化等により、ARを快適に楽しむための環境が整ってきたことから、スマートフォンを用いたAR市場は今後ますます成長していくものと見込んでいます。今回のソフトウェア開発キット外販により、新しいARアプリの開発が加速し、AR市場そのものの活性化を通じて、市場と共にビジネスが拡大することを目指していきます。

■会社概要
商号  : ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社
代表者 : 代表取締役 中村 年範
所在地 : 東京都品川区東五反田二丁目21番28号
設立  : 2000年8月
事業内容: ソフトウェアの企画、開発、商品化
資本金 : 63.1億円(2014年度実績)
URL   : http://www.sonydna.com/

※商標の表記
・「SmartAR(R)」は、ソニー株式会社の日本国内およびその他の国における登録商標または商標です。
・iOSは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
・記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。

※注意事項
このページに掲載されているプレスリリースおよびその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

■商品内容、購入についてのお問い合わせ先
サイバネットシステム株式会社
ビジュアリゼーション事業部 営業推進室 吉村
TEL : 03-5297-3692
Mail: cnc-info@cybernet.co.jp

Pocket
LINEで送る