Category Archives: Web特集

「ふるさと弁当」が農家を救う!? 岩盤規制打破の重要産業「農業」に未来はあるのか?

企業は農業で利益を得ることができるのか? 日本の農業が解放された後に生き残るためのポイントを、農業改革派である農業生産法人新鮮組・代表取締役 岡本重明氏を直撃インタビュー!

インタビュアー/原英史(政策工房代表取締役社長・国家戦略特区WG委員)

ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会~Shining Snow Story~ ライブ・ビューイング実施決定!! ももいろクローバーZ 毎年恒例のクリスマスライブを全国の映画館に生中継!!

株式会社ライブ・ビューイング・ジャパンでは、ももいろクローバーZが12月24日(水)、25日(木)さいたまスーパーアリーナで行う「ももいろクリスマス2014 さいたまスーパーアリーナ大会~Shining Snow Story~」を全国の映画館へライブ・ビューイングを実施することが決定した。

岩盤規制は国家戦略特区で打破する! 「タクシー規制」で国と係争中のエムケイ株式会社代表取締役社長・青木氏を直撃インタビュー!

アベノミクス「第三の矢」のキーワード「岩盤規制の打破」はどうなっているのか!?

国家戦略特区WG委員の原英史氏が現状の課題とビジネスの可能性に斬り込む!

ITproのための「ももクロ論」補論⑤

著 桐原 永叔(IT批評 編集長)

4回にわたって、ITサービスとの関連のなかから、ももいろクローバーZの人気の秘密について、読み解いてきた。見えてきたのは、消費行動を可視化、理論化を押し進めるITサービスの潮流とは、まったく異質なものが大きな人気を得ようとしている現状である。最終回は、ももいろクローバーZの活動と、その人気が示したものに、どんな可能性があるのかを探っていく。

ここまでの話→   

ITproのための「ももクロ論」補論④

著 桐原 永叔(IT批評 編集長)

これまで、ももいろクローバーZとAKB48について、ITサービスのキーワードを使って比較してきた。第4回は、すこし遠回りをしつつ、この両グループが示した消費スタイルの顕在化を、現在のITサービスの成功例に相対させてみていく。アイドルファンたちが、なぜ大衆的な消費からズレていくのか? 彼らはアイドルに何を求めているのか? その根本にあるものについて掘り下げて論じてみる。

ここまでの話→  

ITproのための「ももクロ論」補論③

著 桐原 永叔(IT批評 編集長)

前回は、オープン・モジュラー型のアーキテクチャを持つとも言えるAKB48に対し、ももいろクローバーZをクローズ・インテグラル型のそれとして対置してみた。3回目になる今回は、オープン・モジュラー型の商品サービスに不可欠なユーザーのコミュニケーションの活性化と動員力の強化についてAKB48の方法論を分析しつつ、ももいろクローバーZへの年齢も趣味も越えてファンを動員している原因を探る。

ここまでの話→ 

ITproのための「ももクロ論」補論②

著 桐原 永叔(IT批評 編集長)

第1回は、AKB48とももいろクローバーZを、戦略性の違いから読み解きはじめた。第2回はより大胆に、ITアーキテクチャの類型にそって、AKB48とももいろクローバーZを比較してみる。以前から言及されてきたようにAKB48をオープン型のアーキテクチャとしてみたとき、ももいろクローバーZにアーキテクチャと呼べるものがあるのか? 現在までの活動を読み解きながら、両グループをみていく。

ITproのための「ももクロ論」補論①

著 桐原 永叔(IT批評 編集長)

ITサービスとの親和によって、その人気の秘密を分析されてきたAKB48。ももいろクローバーZには、そうした言説は少なく、むしろサブカル批評によって、その魅力を分析されてきた。ロングテール的と評されたAKB48と、旧来の希少性の経済で語られるももクロの違いを概観する。AKB48はなぜITサービスとの親和を語れるのか? ももクロはなぜそうした議論に加わることがないのか? ヒント探しの入口となる第1回。