Category Archives: 「IT批評」3号:2013/3/20刊

米中IT冷戦~「戦略物資」としての先端技術

深川孝行

 IT分野における覇権を賭したアメリカと中国との「水面下での戦い」が激しさを増している。「米中IT冷戦」とも呼ぶべきせめぎ合いは、もちろんアメリカの同盟国・日本にとっても無縁ではない。「米中IT冷戦」の最前線を追う。

大型家電量販店のライバルはスマートフォン〜リアル店舗vs.ネット通販の仁義なき戦い

三浦一紀

 現在、大型家電店の売上が伸び悩んでいる。この最大の要因には、ネット通販の進化が関わっている。もはや、家電は店舗で買うものではなく、インターネットで買うのが常識。価格競争だけではない、家電販売の実情とは?

ネット犯罪捜査の現在

大賀真吉

 増加するネット犯罪に対する捜査へは批判も多い。そこにあるのは、警察組織のIT対策の拙さか、司法側の何らかの恣意性か。

全国GMSのレジをタッチポイントに、コミュニケーションを実現するO2O〜カタリナ マーケティングジャパンが展開する「クーポンネットワーク」

編集部

 多様化する時代のなかで、消費行動をいかに理解し促進するか。O2Oにおけるコミュニケーションの手法について、カタリナの取り組みを取材した。

アパレル系ECサイトが示すユーザーコミュニケーションの意味〜ヤングレディース向けブランド、サルースの取り組み

編集部

 加速度的なコモディティ化と、それにともなう価格競争が激化するファストファッションの世界で、ECサイトはどのような意味を持ちうるのか、楽天ショップ・オブ・ザ・イヤーズに輝いたサルースの例から探る。

ソーシャルメディアの巻き込みと絞り込みがコンテンツ流通を促進する②〜 他メディアにコンテクストを生成するメディア

林 信行

ソーシャルメディアは、メディア同士を融合して新たな価値を生み出すと同時に、コンテンツ選択の指標を我々に与えてくれる。そのことは従来メディアの可能性をも左右するだろう。

①を読んでない方はこちらから。

ソーシャルメディアの巻き込みと絞り込みがコンテンツ流通を促進する①〜 他メディアにコンテクストを生成するメディア

林 信行

 ソーシャルメディアは、メディア同士を融合して新たな価値を生み出すと同時に、コンテンツ選択の指標を我々に与えてくれる。そのことは従来メディアの可能性をも左右するだろう。

空想科学対談2025年のIT批評④ 『ゲーミフィケーション』が言われなくなる世界で

井上明人

 

登場人物

池上 梓(53) 1972年生まれ、専門は情報社会学。慶早大学客員教授。著書に『リアリティの権利とテクノロジー』(2020)、『〈わたしの世界〉はいかにあるべきか』(2021)。コメンテーターとしてTVなどでも活躍する。

 

牛邊芳紀(28) 1997年生まれ、ウェブクリエイター/RTTデザイナー。多数のゲーミフィケーション/RTTの設計に関わる第一人者。2013年麻布高校在学中に『最もエキセントリックな高校生』としてメディアで紹介されたのをきっかけに各方面で活躍をはじめる。

空想科学対談2025年のIT批評③ 『ゲーミフィケーション』が言われなくなる世界で

井上明人

 

登場人物

池上 梓(53) 1972年生まれ、専門は情報社会学。慶早大学客員教授。著書に『リアリティの権利とテクノロジー』(2020)、『〈わたしの世界〉はいかにあるべきか』(2021)。コメンテーターとしてTVなどでも活躍する。

 

牛邊芳紀(28) 1997年生まれ、ウェブクリエイター/RTTデザイナー。多数のゲーミフィケーション/RTTの設計に関わる第一人者。2013年麻布高校在学中に『最もエキセントリックな高校生』としてメディアで紹介されたのをきっかけに各方面で活躍をはじめる。

空想科学対談2025年のIT批評② 『ゲーミフィケーション』が言われなくなる世界で

井上明人

 

登場人物

池上 梓(53) 1972年生まれ、専門は情報社会学。慶早大学客員教授。著書に『リアリティの権利とテクノロジー』(2020)、『〈わたしの世界〉はいかにあるべきか』(2021)。コメンテーターとしてTVなどでも活躍する。

牛邊芳紀(28) 1997年生まれ、ウェブクリエイター/RTTデザイナー。多数のゲーミフィケーション/RTTの設計に関わる第一人者。2013年麻布高校在学中に『最もエキセントリックな高校生』としてメディアで紹介されたのをきっかけに各方面で活躍をはじめる。