Category Archives: 「IT批評」1号:2010/12/6刊

グーグルはネットとTVをつなぐか?〜10年 前から言われていたネットとTVの融合

IT批評
田所永世

TVにとってネットが仮想敵であれば、融合や協力などは絵に描いた餅でしかない。だが、TVにはネットと手をつながずにいられるほどの余裕があるのだろうか。

日本発SaaSは世界のクラウドを目指す〜ソフトウェアベンダーの可能性

IT批評
岩本幸男・常盤木龍治(MIJSコンソーシアム)

そのほとんどが中小企業である日本で、クラウド普及は多くの問題を抱えている。そうしたなか、日本のソフトウェアベンダーはいかにして欧米企業と勝負していくのか。主戦場は中国に移りつつある。

ケータイ産業はプラットフォーマーの 台頭と対峙できるのか

IT批評

スマートフォン時代のプラットフォーマー

クロサカタツヤ

スマートフォン時代が訪れようとしている。諸外国以上に成熟をみせている日本のケータイ市場はスマートフォンをどう受け入れるのか。ケータイ市場に新たなプラットフォーマーの誕生はありうるのか?

 

ソニー 蹉跌の系譜 プラットフォーム化に果敢に挑む「AV帝国」

深川孝行

結果としてプラットフォーマーになれなくとも、その革新性と進化によって、消費者以上に業界内に多大な影響を与えつづける企業ソニー。その蹉跌のなかに、日本企業の可能性が垣間見えてくる。新しいルールを生むのはソニーのようなチャレンジ精神のある企業だけだ。

任天堂はなぜ勝者となりえたのか〜ハードとソフトのシナジーなきプラットフォームはない

サイトウ・アキヒロ

もはやハードウェアのクオリティのみでプラットフォーム戦略を勝ち抜くことは難しい。ハードに頼りつづけた日本企業の苦戦の訳がここにある。プラットフォーム戦略における任天堂の成功例は、ガラパゴス化の是非すら問い直しを求める。

躍進の理由を探る